使用量メトリクス

概要

以下のアプリ内構成ページでは、APM の取り込み量とインデックス化量を設定することができます。

どちらのページも、使用量メトリクスを利用しています。

アカウントで利用できるメトリクスは次のとおりです。

  • datadog.estimated_usage.apm.ingested_bytes (請求対象のディメンション)
  • datadog.estimated_usage.apm.ingested_spans
  • datadog.estimated_usage.apm.ingested_traces
  • datadog.estimated_usage.apm.indexed_spans (請求対象のディメンション)

これらのメトリクスをダッシュボードやモニターで活用することで、使用量を視覚化し、管理することができます。これらのメトリクスを使用して、すぐに使える 2 つのダッシュボードが構築されています。これらのダッシュボードは、APM の使用量や、取り込まれたスパンの量とインデックス化されたスパンの量を監視するのに役立ちます。

Datadog APM のプランには、インデックス化されたスパンと取り込まれたスパンが含まれています。詳細は、価格設定ページまたはいくつかの価格設定例シナリオをご覧ください。

使用量メトリクス

取り込まれたスパンの量

取り込まれたスパンの使用量に関連するメトリクスは以下のとおりです。

  • datadog.estimated_usage.apm.ingested_bytes
  • datadog.estimated_usage.apm.ingested_spans
  • datadog.estimated_usage.apm.ingested_traces

使用量は datadog.estimated_usage.apm.ingested_bytes で制御します。取り込みはスパンやトレース数ではなく、量として計測されます。このメトリクスは envservice によってタグ付けされているので、どの環境とサービスが取り込み量に寄与しているかを特定することができます。

このメトリクスはまた、ingestion_reason によってタグ付けされ、Datadog にスパンを送信する責任がある取り込みメカニズムを反映させることができます。これらのメカニズムは、Datadog Agent のトレーシングライブラリの中にネストされています。このディメンションの詳細については、取り込み理由ダッシュボードを参照してください。

datadog.estimated_usage.apm.ingested_traces メトリクスは、1 秒間にサンプリングされるリクエスト数を計測し、ヘッドベースサンプリングによってサンプリングされたトレースのみをカウントします。このメトリクスは envservice によってタグ付けされているので、どのサービスが最も多くのトレースを開始しているのかを特定することもできます。

Indexed Span

datadog.estimated_usage.apm.indexed_spans メトリクスを使用して、タグベースの保持フィルターでインデックス化されるスパン数を制御します。

このメトリクスは envservice によってタグ付けされているので、どの環境とサービスがインデックス化の使用量に寄与しているのかを特定することができます。

APM Traces Estimated Usage ダッシュボード

APM Traces Usage ダッシュボードには、大雑把な KPI と追加の使用情報を表示する複数のウィジェットグループが含まれています。

APM Estimated Usage ダッシュボード

このダッシュボードでは、以下の情報を見ることができます。

  • グローバル使用量メトリクス
  • ホスト、Fargate、AWS Lambda など、APM が有効なインフラストラクチャー
  • serviceenvingestion_reason で区切られた取り込み量
  • serviceenv で区切られたインデックス化量

APM 取り込み理由ダッシュボード

APM 取り込み理由ダッシュボードは、取り込み量の各ソースに関する洞察を提供します。各取り込み使用量メトリクスには、ingestion_reason ディメンションが付与されており、どの構成オプション (Datadog Agent 構成やトレーシングライブラリ構成) や製品 (RUM や Synthetic Testing など) が、最も多くの APM データを生成しているかを確認することができます。

APM 取り込み理由ダッシュボード

取り込みの理由ごとに、どの環境やサービスが全体のボリュームに最も影響を与えているかを知ることができます。

その他の参考資料