Go オープン標準

Go オープン標準

OpenTracing

Datadog では、OpenTracing 標準もサポートしています。詳細は、OpenTracing API または以下の設定情報をご覧ください。

セットアップ

opentracer パッケージをインポートして、Datadog トレーサーを OpenTracing 互換トレーサーとして公開します。

基本的な使用例

package main

import (
    "github.com/opentracing/opentracing-go"

    "gopkg.in/DataDog/dd-trace-go.v1/ddtrace/opentracer"
    "gopkg.in/DataDog/dd-trace-go.v1/ddtrace/tracer"
)

func main() {
    // 通常のトレーサーを起動し、opentracing.Tracer インターフェイスとして返します。
    // Datadog トレーサーで通常使用するのと同じオプションのセットを使用できます。
    t := opentracer.New(tracer.WithServiceName("<サービス名>"))

    // トレーサーパッケージの通常の Stop 呼び出しを使用して停止します。
    defer tracer.Stop()

    // グローバル OpenTracing トレーサーを設定します。
    opentracing.SetGlobalTracer(t)

    // 通常どおり OpenTracing API を使用します。
}