ランタイムメトリクス
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

ランタイムメトリクス

トレースクライアントでランタイムメトリクス収集を有効にすると、アプリケーションのパフォーマンスに関する詳細情報を得られます。ランタイムメトリクスは、サービスのコンテクストで表示することが可能で、要求された時点でのトレースビューに関連付けられ、プラットフォームのあらゆる場所で使用できます。下記から言語を選択して、ランタイムメトリクスを自動で収集する方法をご確認ください。


このページ