トレースアプリケーションメトリクス
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

トレースアプリケーションメトリクス

概要

トレースアプリケーションメトリクスは、トレース収集の有効化およびアプリケーションのインスツルメンテーションの後に収集されます。これらのメトリクスは、ダッシュボードとモニターで使用できます。トレースメトリクスのネームスペースは以下の形式になります。

  • trace.<スパン名>.<メトリクスサフィックス>
  • trace.<スパン名>.<メトリクスサフィックス>.<第 2 プライマリタグ>_service

次の定義と組み合わせます。

パラメーター説明
<スパン名>操作の名前または span.name(例: redis.commandpylons.requestrails.requestmysql.query)。
<メトリクスサフィックス>メトリクスの名前(例: durationhitsspan_count)。以下のセクションを参照してください。
<第_2_プライマリタグ>メトリクス名が 第 2 プライマリタグを考慮する場合、このタグはメトリクス名の一部です。
<タグ>トレースメトリクスタグ、可能なタグは、envserviceversionresourcesublayer_typesublayer_servicehttp.status_codehttp.status_class、Datadog Agent タグ(ホストと第 2 プライマリタグを含む)です。注: スパンに設定されたタグは数に含められず、トレースメトリクスのタグとして利用できません。T

メトリクスサフィックス

Duration

  • trace.<スパン名>.duration:
    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: スパンのコレクションの合計時間を測定します。具体的には、ある間隔ですべてのスパンが費やした合計時間で、子プロセスの待機に費やされた時間を含みます。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresourcehttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ

継続時間

  • trace.<スパン名>.duration.by_http_status:

    • 前提条件: このメトリクスは、HTTP メタデータが存在する場合、HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明: 各 HTTP ステータスのスパンのコレクションの合計時間を測定します。具体的には、ある間隔ですべてのスパンが費やした時間と、特定の HTTP ステータスの相対的な割合で、子プロセスの待機に費やされた時間を含みます。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresourcehttp.status_classhttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.duration.by_service:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: 各サービスの実際の処理に費やされた合計時間を測定します(つまり、子プロセスの待機に費やされた時間は除外されます)。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresourcesublayer_servicehttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.duration.by_type:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明:サービスタイプの実際の処理に費やされた合計時間を測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresourcesublayer_typehttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.duration.by_type.by_http_status:

    • 前提条件: このメトリクスは、HTTP メタデータが存在する場合、HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明:サービスタイプおよび HTTP ステータスの実際の処理に費やされた合計時間を測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresourcesublayer_typehttp.status_classhttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.duration.by_service.by_http_status:

    • 前提条件: このメトリクスは、HTTP メタデータが存在する場合、HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明:サービスおよび HTTP ステータスの実際の処理に費やされた合計時間を測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresourcesublayer_servicehttp.status_classhttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
パーセンタイル集計
  • trace.<スパン名>.duration.by.resource_<第_2_プライマリタグ>_service.<パーセンタイル集計>:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: リソース、サービス、第 2 プライマリタグによる処理に費やされた合計時間を測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • パーセンタイル集計: 100p50p75p90p95p99p
    • タグ: envserviceresource第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.duration.by.resource_service.<パーセンタイル集計>:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: 各リソースとサービスの組み合わせの処理に費やされた合計時間を測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • パーセンタイル集計: 100p50p75p90p95p99p
    • タグ: envserviceresource
  • trace.<スパン名>.duration.by.<第_2_プライマリタグ>_service.<パーセンタイル集計>

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明:第 2 プライマリタグとサービスの組み合わせの処理に費やされた合計時間を測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • パーセンタイル集計: 100p50p75p90p95p99p
    • タグ: envservice第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.duration.by.service.<パーセンタイル集計>

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: 個々のスパンの期間を表します。これは、レイテンシーを追跡し、「ユーザーが経験した待機時間の中央値はどれくらいか?」や「最も遅い 1 %のユーザーはどれくらい待つ必要があるか?」などの質問に答えるために使用されます。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • パーセンタイル集計: 100p50p75p90p95p99p
    • タグ: envservice

Errors

  • trace.<スパン名>.errors:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: 特定のスパンのエラー数を表します。
    • メトリクスタイプ: COUNT
    • タグ: envserviceversionresourcehttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.errors.by_http_status:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: 特定のスパンのエラー数を表します。
    • メトリクスタイプ: COUNT
    • タグ: envserviceversionresourcehttp.status_classhttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ

Hits

  • trace.<スパン名>.hits:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: 特定のスパンのヒット数を表します。
    • メトリクスタイプ: COUNT
    • タグ: envserviceversionresourcehttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.hits.by_http_status

    • 前提条件: このメトリクスは、HTTP メタデータが存在する場合、HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明: 特定のスパンのヒット数を HTTP ステータスコード別に表します。
    • メトリクスタイプ: COUNT
    • タグ: envserviceversionresourcehttp.status_classhttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ

スパン数

: これは非推奨のネームスペースです。

  • trace.<スパン名>.span_count:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての APM サービスに存在します。
    • 説明: 特定の間隔で収集されたスパンの量を表します。
    • メトリクスタイプ: COUNT
    • タグ: envserviceresource、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.span_count.by_http_status:

    • 前提条件: このメトリクスは、HTTP メタデータが存在する場合、HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明: 特定の間隔で収集されたスパンの量を HTTP ステータス別に表します。
    • メトリクスタイプ: COUNT
    • タグ: envserviceresourcehttp.status_classhttp.status_code、すべての Datadog Agent タグ、第 2 プライマリタグ

Apdex

  • trace.<スパン名>.apdex.by.resource_<第_2_プライマリタグ>_service:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明: リソース、第 2 プライマリタグおよびサービスのすべての組み合わせの Apdex スコアを表します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresource第 2 プライマリタグ
  • trace.<スパン名>.apdex.by.resource_service:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明: リソースとウェブサービスの組み合わせごとに Apdex スコアを測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envserviceresource
  • trace.<スパン名>.apdex.by.<第_2_プライマリタグ>_service:

  • trace.<スパン名>.apdex.by.service:

    • 前提条件: このメトリクスは、すべての HTTP/WEB APM サービスに存在します。
    • 説明: 各ウェブサービスの Apdex スコアを測定します。
    • メトリクスタイプ: GAUGE
    • タグ: envservice

その他の参考資料