ログとトレースの接続
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

ログとトレースの接続

Datadog APM と Datadog Log Management の間の相関関係は、ログの属性としてトレース ID、スパン ID、envserviceversion を挿入することで改善されています。これらのフィールドを使用すると、特定のサービスとバージョンに関連付けられた正確なログ、または観測されたトレースに関連付けられたすべてのログを見つけることができます。

アプリケーションのトレーサを DD_ENVDD_SERVICEDD_VERSION で構成することをお勧めします。これは、envserviceversion を追加する際のベストプラクティスです。詳細については、統合サービスタグ付けのドキュメントを参照してください。

: Java および PHP Tracer は、ログの統合サービスタグ付けのコンフィギュレーションをサポートしていません。

トレースとログに相関性を持たせる前に、ログが JSON として送信されているか、適切な言語レベルログプロセッサーによってパースされていることを確認します。トレースとログの相関が機能するためには、言語レベルログが Datadog 属性に変換される_必要があります_。

自動または手動でログをトレースに接続する方法の詳細については、以下から言語を選択してください。

このページ