トレース検索
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

トレース検索

検索バー

すべての検索パラメーターはページの URL に含まれているため、ビューは非常に簡単に共有できます。

検索構文

クエリは*条件*と*演算子*で構成されます。

*条件*には 2 種類あります。

複合クエリで複数の*条件*を組み合わせるには、以下のブール演算子のいずれかを使用します。

演算子説明
AND: 両方の条件を含むイベントが選択されます (何も追加しなければ、AND がデフォルトで採用されます)。authentication AND failure
OR: いずれかの条件を含むイベントが選択されます。authentication OR password
-排他: 後続の条件はイベントに含まれません。authentication AND -password

ファセット検索

特定のファセットを検索するには、まずそれをファセットとして追加し、次に @ を追加してファセット検索を指定します。

たとえば、ファセット名が url で、url の値 www.datadoghq.com で絞り込む場合は、次のように入力します。

@url:www.datadoghq.com

タグ検索

トレースは、タグを生成するホストとインテグレーションからタグを引き継ぎます。これらも、ファセットとして検索で使用できます。

クエリ一致
("env:prod" OR test)タグ #env:prod またはタグ #test を持つすべてのトレース
(service:srvA OR service:srvB) または (service:(srvA OR srvB))タグ #service:srvA または #service:srvB を含むすべてのトレース。
("env:prod" AND -"version:beta")#env:prod を含み、#version:beta を含まないすべてのトレース

タグがタグのベストプラクティスに従わず、key:value 構文も使用していない場合は、次の検索クエリを使用します。

  • tags:<MY_TAG>

ワイルドカード

複数文字のワイルドカード検索を実行するには、* 記号を次のように使用します。

  • service:web* は、web で始まるサービスを持つすべてのトレースに一致します
  • @url:data* は、data で始まる url を持つすべてのトレースに一致します。

数値

<><=、または >= を使用して、数値属性の検索を実行します。たとえば、100ms を超える応答時間を持つすべてのトレースを取得するには、次のようにします。

@http.response_time:&gt;100

特定の範囲内にある数値属性を検索することもできます。たとえば、4xx エラーをすべて取得するには、次のようにします。

@http.status_code:[400 TO 499]

オートコンプリート

複雑なクエリを入力するのは面倒です。検索バーのオートコンプリート機能を使用すると、既存の値を使用してクエリを完成させることができます。

特殊文字のエスケープ

?><:="~/、および \ は特殊属性と見なされ、\ を使用してエスケープする必要があります。 たとえば、urluser=JaneDoe を含むトレースを検索するには、次の検索を入力する必要があります。

@url:*user\=JaneDoe*

同じロジックはトレース属性内のスペースにも適用する必要があります。トレース属性にスペースを含めることはお勧めしませんが、含まれている場合は、スペースをエスケープする必要があります。 属性の名前が user.first name の場合、スペースをエスケープしてこの属性で検索を実行します。

@user.first\ name:myvalue

検索の保存

同じビューを毎日作成するのは時間の無駄です。保存された検索には、検索クエリ、列、期間が含まれます。検索名やクエリにかかわらず、オートコンプリートの一致により、これは検索バーで利用できます。

保存された検索を削除するには、Trace search ドロップダウンの下にあるごみ箱のアイコンをクリックします。

タイムレンジ

タイムレンジを使用すると、特定の期間内のトレースを表示できます。タイムレンジをすばやく変更するには、プリセットされたレンジをドロップダウンから選択します。

トレースストリーム

トレースストリームは、選択されたコンテキストに一致するトレースのリストです。コンテキストは、検索バーのフィルターとタイムレンジで定義されます。

トレースと分析スパン

トレースストリームの右上隅にあるトグルを使用して、トレーススチーム内の分析スパンに関連付けられたサンプリングトレースを表示することを選択します。

Traces が選択された場合、トレースストリームにリストされている分析スパンには、サンプリングトレースが関連付けられています。Analyzed Spans が選択された場合、解析スパンのみがトレースストリームにリストされます。

リクエストがサービス(ウェブサーバー、データベースなど)にヒットすると、Datadog Agent は分析スパンを作成します。これは期間、応答コード、カスタムメタデータを含むリクエストの記録です。分析スパンは、処理されたリクエストのメタデータが添付された単一のスパンで表されます。リクエストを受け取った各サービスに対して、Agent は分析スパンを作成します。リクエストがウェブサービス、リストサービス、データベースサービスを介して実行される場合、リクエストは 3 つの分析スパンを生成します。生成される分析スパンの量を減らすには、特定のサービスの分析スパンコレクションを明示的にオン/オフにします。分析スパンの収集を開始するには、サービスの App Analytics を有効にします

完全なトレースの表示

トレースをクリックして、詳細を表示します。

リストにトレースの詳細を追加するには、Columns ボタンをクリックして、表示するファセットを選択します。

複数行表示

トレースの表示行数を 1 行、3 行、10 行 から選択します。3 行と 10 行で表示すると、error.stack 属性に関する情報をより多く得ることができます。

  • 1 行表示の場合

  • 3 行表示の場合

  • 10 行表示の場合

ファセット

ファセットは、1 つの属性またはタグの個別値をすべて表示すると共に、示されたトレースの量などのいくつかの基本分析も提供します。また、データを簡単に絞り込むためのスイッチにもなります。

ファセットを使用すると、特定の属性に基づいてデータセットを絞り込んだり、データセットの切り口を変えることができます。ファセットには、ユーザーやサービスなどがあります。

ファセットの作成

属性をファセットとして使用したり、検索で使用したりするには、属性をクリックしてファセットとして追加します。

これで、この属性の値がすべての新しいトレースに格納され、検索バーファセットパネル、およびトレースグラフクエリで使用できるようになります。

ファセットパネル

ファセットを使用すると、トレースを簡単にフィルタリングできます。検索バーと URL には、選択内容が自動的に反映されます。

その他の参考資料