APM


概要

Datadog アプリケーションパフォーマンス監視機能 (APM) は、アプリケーションの深いところまで可視化し、パフォーマンスのボトルネックの特定、問題のトラブルシューティング、サービスの最適化を可能にします。分散型トレーシング、すぐに使えるパフォーマンスダッシュボード、その他のテレメトリーデータとのシームレスな相関付けにより、Datadog APM はアプリケーションで最高のパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを実現するのに役立ちます。

Datadog APM で使用される用語の紹介は、APM の用語と概念を参照してください。

はじめに

Datadog APM の利用を開始する場合は、シングルステップのインスツルメンテーションを利用するのが最も簡単です。この方法であれば、Datadog Agent のインストールとアプリケーションのインスツルメンテーションをワンステップで行うことができ、追加の構成手順は必要ありません。詳しくは、シングルステップのインスツルメンテーションをご覧ください。

よりカスタマイズが必要なセットアップに対応するため、Datadog は Datadog トレーシングライブラリを使ったカスタムインスツルメンテーションをサポートしています。詳しくは、アプリケーションのインスツルメンテーションをご覧ください。

ユースケース

Datadog APM がそれぞれのユースケースにどのように対応できるか、いくつかの例をご紹介します。

実現したいことDatadog APM の活用方法
リクエストがシステム内をどのように流れるかを理解する。トレースエクスプローラーを使用して、分散サービス全体を対象にクエリを実行して、エンドツーエンドのトレースを視覚化します。
個別サービスの健全性とパフォーマンスを監視する。サービス詳細ページリソースページを使用し、パフォーマンスメトリクスの分析、デプロイメントの追跡、問題のあるリソースの特定を通じてサービスの健全性を評価します。
トレースをDBM、RUM、ログ、Synthetics、プロファイルと相関付ける。APM データとその他のテレメトリーとの相関付けを行い、データにコンテキストを付与して、より包括的な分析を可能にします。
Datadog へのデータの流れを制御する。取り込み制御を使用して、サービスやリソースごとの取り込みの構成とサンプリングレートを調整します。保持フィルターを使用して、どのスパンを 15 日間保持するかを選択します。

プロファイラーの有効化

トレースエクスプローラーを使用すると、トレースをリアルタイムで検索・分析することができます。パフォーマンスのボトルネックの特定、エラーのトラブルシューティング、関連ログやメトリクスへのピボットにより、問題を取り巻くコンテキストを完全に理解することができます。

トレースエクスプローラーの画面。

サービス詳細画面

サービス詳細ページは、サービスのパフォーマンスを監視し、デプロイ中にバージョン間の比較を行うのに役立ちます。

サービス詳細画面のバージョン

トレースを他のテレメトリーと相関付ける

Datadog APM は、ログ、リアルユーザーモニタリング (RUM)、Synthetic モニタリングなどとシームレスに連携します。

ログとトレースをつなげる

取り込み制御と保持フィルター

トレースはインスツルメンツされたアプリケーションで開始され、Datadog に取り込まれます。

Datadog APM は、トレースデータの量と保持を管理するためのツールを提供します。取り込み制御を使用して、サンプリングレートと保持フィルターを調整することで、どのスパンを保持するかを制御することができます。

Datadog APM を通したデータの流れ。

その他の参考資料