Synthetic テストの検索と管理
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

Synthetic テストの検索と管理

概要

Synthetic Tests ページを使用すると、1 つのページですべてのテストを検索、アクセス、管理できます。ファセットを使用して重要なテストをすばやく見つけ、グローバルなアップタイムと応答時間のグラフを使用してアプリケーションの状態の概要を取得し、一括機能を通じてテストを管理します。

検索

ファセットとタグ

ページの左側にある Synthetics Filters パネルには、テストの検索に使用できるいくつかのデフォルトファセットが一覧表示されます。デフォルトのファセットは次のとおりです。

ファセット説明
TypeSynthetic テストのタイプ: browserapiapi-sslapi-tcpapi-dns
StatusSynthetic テストのステータス: OKAlertNo Data
CreatorSynthetic テストの作成者
RegionSynthetic テストが実行されている (管理およびプライベート) ロケーション
StateSynthetic テストの状態: livepaused
Notification通知の Synthetic テストで使用されるハンドル
EnvSynthetic テストが実行されている環境
TagSynthetic テストに割り当てられたタグ

クエリを作成する

左側のパネルのファセットをクリックするか、検索バーを使用して独自のカスタムクエリを入力して、Synthetic テストを検索します。パネルまたは検索バーでファセット値を選択または選択解除すると、検索バーは同等のクエリで自動的に更新されます。同様に、検索バーのクエリを変更すると (または最初からクエリを書き込むと)、ファセットのチェックボックスが更新され、その変更が反映されます。クエリを編集すると、クエリ結果がリアルタイムで更新されます。クリックする「検索」ボタンはありません。

  • フリーテキストで検索: テキストを検索バーに入力して、テスト名で検索します。
  • 単一のファセットで検索: ファセット値をクリックして、そのファセット値のみを含む検索クエリを作成します。たとえば、type:api です。同じファセットの別の値を検索に追加するには、他の値のチェックボックスをクリックするか、OR ブール演算子を使用して他の値を追加し、値を引用符と括弧で囲みます。たとえば、type:("api" OR "api-ssl") です。
  • 複数のファセットとテキストで検索: 異なるファセットの値をクリックして、複数のファセットのフィルタリングを含む検索クエリを作成します。たとえば、type:api``region:aws:us-east-2 です。ファセットとテキストを混在させることもできます。たとえば、checkout type:browser です。非表示ですが、複数の用語を検索する場合は AND ブール演算子が適用されます。
  • ファセットまたはテキストを除外する: 既存の入力済みチェックボックスをクリックしてファセット値の選択を解除するか、用語の前に - を付けて検索クエリから除外します。例: -state:paused
  • カスタムマッチを実行する: ワイルドカード (*) を使用します。たとえば、valid* です。

ブラウザテストのみを検索する場合は、左側のパネルの Browser Test をクリックします。タイプに関係なく、すべてのテストを再度選択するには、もう一度クリックします。

ファセット検索

テストの管理

一括管理

テーブルの複数の個別のテストチェックボックスをクリックするか、State の横のチェックボックスをクリックしてページのすべてのテストチェックボックスを選択することにより、リストページから Synthetic テストを一括管理します。 選択したら、Run Tests Now または Delete を選択します。これにより、選択したすべての Synthetic テストが一括で実行または削除されます。

アクショントレイオプション

テーブルのテストにカーソルを合わせて、PauseRun Test NowEditCloneDelete などのオプションを入力します。オプション Edit Recording は、ブラウザテストにも使用できます。

監査イベント

Synthetic テストとグローバル変数の作成、追加、削除により、イベントストリームにイベントが作成されます。生成されたイベントには変更の説明と、変更を実行したユーザーが表示されます。

イベントストリームで #audit synthetics を検索して、Synthetic モニタリングに関連するすべての変更を見つけます。テストの ID を検索して、特定のテストで行われた変更を取得します。たとえば、tags:public_id:4m7-bqy-mxq です。

その他の参考資料