プライベートロケーションコンフィギュレーション

プライベートロケーションコンフィギュレーション

概要

Synthetic プライベートロケーションには、環境要件に合わせて構成できる一連のオプションが付属しています。これらのオプションはすべて、以下の help コマンドを実行すると確認できます。

docker run --rm datadog/synthetics-private-location-worker --help

次に、プライベートロケーションのコンフィギュレーションオプションをパラメーターとして JSON コンフィギュレーションファイルに渡すか、以下のように起動コマンドの引数として渡すことができます。

docker run --rm -v $PWD/<MY_WORKER_CONFIG_FILE_NAME>.json:/etc/datadog/synthetics-check-runner.json datadog/synthetics-private-location-worker:latest --logFormat=json

注: 起動コマンドで設定された引数は、コンフィギュレーションファイルよりも優先されます。ただし、これらのオプションは保存されないため、特定の起動でのみ使用されます。

コンフィギュレーションオプション

Datadog サイトコンフィギュレーション

site
種類: 文字列
デフォルト: datadoghq.com
プライベートロケーションがテストコンフィギュレーションをプルし、テスト結果をプッシュする Datadog サイト。siteです。

DNS コンフィギュレーション

以下 2 つのパラメーターは API テストで DNS 解決をカスタマイズするために使用されます。

dnsUseHost
種類: ブール値
デフォルト: true
最初にホストのローカル DNS コンフィギュレーション (たとえば、etc/resolv.conf ファイルのコンフィギュレーション) を使用し、次に DNS サーバーがある場合は、dnsServer パラメーターで指定します。
dnsServer
種類: 文字列の配列
デフォルト: ["8.8.8.8","1.1.1.1"]
指定した順序で使用する DNS サーバーの IP (例: --dnsServer="8.8.4.4" --dnsServer="8.8.8.8")。

ブラウザテストの場合、DNS 解決はブラウザにより直接行われ、ホストから DNS サーバーが読み込まれます。また、コンテナレベルでこの構成を行うこともできます (例: Docker--dns フラグ、または KubernetesdnsConfig.nameservers を使用する) 。

予約済み IP コンフィギュレーション

enableDefaultBlockedIpRanges
種類: ブール値
デフォルト: false
allowedIPRanges パラメーターで明示的に設定されていない限り、ユーザーが予約済み IP 範囲 (IANA IPv4 および IPv6 専用アドレスレジストリ) を使用しているエンドポイントで Synthetic テストを作成できないようにします。
allowedIPRanges
種類: 文字列の配列
デフォルト: none
enableDefaultBlockedIpRanges または blockedIPRanges によってブロックされた IP 範囲のうち、特定の IP または CIDR あるいはその両方へのアクセスを許可します (例: "allowedIPRanges.4": "10.0.0.0/8")。注: allowedIPRangesblockedIPRanges よりも優先されます。
blockedIPRanges
種類: 文字列の配列
デフォルト: none
enableDefaultBlockedIpRanges パラメーターを true に設定すると、ブロックされた IP 範囲に加えて、特定の IP または CIDR あるいはその両方へのアクセスをブロックします (例: --blockedIPRanges.4="127.0.0.0/8" --blockedIPRanges.6="::1/128")。

注: whitelistedRange および blacklistedRange パラメーターは非推奨になったため、上記のパラメーターに置き換える必要があります。

プロキシのコンフィギュレーション

proxyDatadog
種類: 文字列
デフォルト: none
Datadog にリクエストを送信するためにプライベートロケーションで使用されるプロキシ URL (例: --proxyDatadog=http://<YOUR_USER>:<YOUR_PWD>@<YOUR_IP>:<YOUR_PORT>)。
proxyTestRequests
種類: 文字列
デフォルト: none
エンドポイントにテストリクエストを送信するためにプライベートロケーションで使用されるプロキシ URL。
proxyIgnoreSSLErrors
種類: ブール値
デフォルト: false
プライベートロケーションがプロキシを使用して Datadog にリクエストを送信している場合は、SSL エラーを破棄します。

注: proxy パラメーターは非推奨になったため、proxyDatadog に置き換える必要があります。

高度なコンフィギュレーション

concurrency
種類: 数字
デフォルト: 10
並列で実行されるテストの最大数。
maxTimeout
種類: 数字
デフォルト: 60000
API テストのテストの最大実行時間 (ミリ秒)。

プライベートルート証明書

カスタムルート証明書をプライベートロケーションにアップロードして、API とブラウザのテストで独自の .pem ファイルを使用して SSL ハンドシェイクを実行することができます。プライベートロケーションコンテナを起動するときは、プライベートロケーションコンフィギュレーションファイルをマウントするのと同じ方法で、関連する証明書 .pem ファイルを /etc/datadog/certs にマウントします。これらの証明書は信頼できる CA と見なされ、テストの実行時にそのように使用されます。

: この機能は、プライベートロケーション Docker イメージのバージョン 1.5.3 以降でサポートされています。

プライベートロケーション管理者

config
種類: 文字列
デフォルト: /etc/datadog/synthetics-check-runner.json
JSON コンフィギュレーションファイルへのパス。
logFormat
種類: 文字列
デフォルト: pretty
"pretty""json" 間でログ出力をフォーマットします。ログフォーマットを json に設定すると、ログが Datadog によって収集された時点で自動的に解析できます。
verbosity
種類: 数字
デフォルト: 3
冗長レベル (例: -v-vv-vvv)。
dumpConfig
種類: ブール値
デフォルト: none
シークレットなしでワーカーコンフィギュレーションパラメーターを表示します。
dumpFullConfig
種類: ブール値
デフォルト: none
完全なワーカーコンフィギュレーションパラメーターを表示します。
help
種類: ブール値
デフォルト: none
ヘルプを表示します。

: プライベートロケーションのコンテナは、コンテナ内に保存せずに stdout/stderr へ出力します。

その他の参考資料