テストバッチを検索する

概要

右上のドロップダウンメニューから時間帯を選択すると、CI Results Explorer で CI ジョブのバッチを検索することができます。

ファセットの確認

左側のファセットパネルには、バッチを検索するために使用できる複数のファセットが表示されます。検索クエリのカスタマイズを開始するには、Batch で始まるファセットリストをクリックします。

バッチ属性

Batch ファセットを使用すると、バッチの属性でフィルタリングできます。

ファセット説明
Summary Statusバッチのステータス: PassedFailedIn Progress
Durationバッチの全体的な期間。
IDバッチ ID。

CI 属性

CI ファセットを使用すると、バッチの CI 関連の属性をフィルタリングできます。

ファセット説明
CI Providerバッチに関連付けられている CI プロバイダー。
Job Nameバッチに関連付けられたジョブ名。
Job URLバッチに関連付けられたジョブの URL。
Pipeline IDバッチに関連付けられたパイプライン ID。
Pipeline Nameバッチに関連付けられたパイプラインまたはリポジトリ名。
Pipeline Numberバッチに関連付けられたパイプラインまたはビルド番号。
Pipeline URLバッチに関連付けられたパイプライン URL。
Stage Nameバッチに関連付けられたステージ名。

テスト結果属性

Test result ファセットを使用すると、実行されたテスト結果の属性をフィルタリングできます。

ファセット説明
実行ルールバッチのテスト結果に関連付けられた実行ルール: BlockingNon BlockingSkipped
Fast Retriesバッチのテスト結果に関連付けられた高速再試行の数。
Locationバッチのテスト結果に関連付けられたロケーション。
Test IDバッチのテスト結果に関連付けられたテスト ID。
Test Nameバッチのテスト結果に関連付けられたテスト名。

Git 属性

Git ファセットを使用すると、バッチの Git 関連の属性をフィルタリングできます。

ファセット説明
Author Emailコミット作成者のメールアドレス。
Branchバッチに関連付けられたブランチ。
Commit SHAバッチに関連付けられたコミット SHA。
Repository URLバッチに関連付けられた Git リポジトリの URL。
Tagバッチに関連付けられた Git タグ。

過去 1 日間に実行された CI ジョブのバッチにフィルターをかけるには、@ci.provider.name:github といった検索クエリを作成し、時間範囲を1d に設定します。

CI バッチの検索については、検索構文を参照してください。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: