API テスト
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

API テスト

概要

API テストは、いつでもどこからでも最も重要なサービスが利用可能であることをプロアクティブに監視するのに役立ちます。API テストには、システムのさまざまなネットワークレイヤーでリクエストを起動できる 4 つの異なるフレーバーがあります。

サービスが応答遅延を起こしたり、予期しない方法 (たとえば、予期しない応答本文、間違った A レコードなど) で応答を開始した場合、テストはチームに警告するCI パイプラインをブロックする、または障害のあるデプロイをロールバックすることができます。

API テストは、Datadog 管理ロケーションおよびプライベートロケーションから実行できるため、外部と内部の両方でシステムを完全にカバーできます。

: API テストは、サービスに対して実行される単一のリクエストです。API レベルまたは認証を必要とするエンドポイントで高度なビジネストランザクションを監視する場合は、Multistep API テストを使用してリクエストをチェーンすることもできます。

その他の参考資料