Synthetics
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

Synthetics

概要

Datadog Synthetics により、Datadog プラットフォームに新たな可視性を実現するレイヤーが追加されました。Synthetics では、ユーザーリクエストのシミュレーションとブラウザーのレンダリングを通してアプリケーションと API エンドポイントを監視することで、稼働時間を確保し、局所的な問題を特定して、アプリケーションのパフォーマンスを追跡できます。Synthetics をメトリクス、トレース、ログと統合することにより、Datadog はユーザーが経験しているとおりにすべてのシステムの動作状況を観察することができます。

検索

高度な検索では、以下のチェック属性を組み合わせてチェックをクエリすることができます。

  • title および message - テキスト検索
  • status - アラート、データなし、Ok
  • creator
  • region
  • muted
  • notification
  • tags

検索を実行するには、左側のチェックボックスまたは上部の検索バー、またはその両方を使用してクエリを作成します。チェックボックスをオンにすると、検索バーが更新され、そのクエリが表示されます。同様に、検索バーのクエリを変更すると (またはクエリを最初から記述すると)、チェックボックスが更新され、その変更が反映されます。クエリを編集すると、その結果がリアルタイムに更新されます。Search ボタンはありません。

クエリの記述

すべてのチェック、タイトル、および通知メッセージから特定のテキストを検索するには、検索バーにテキストを入力します。

また、ブール演算子 (ANDOR、および NOT) とかっこを使用して、チェックフィールドを使用する複雑なクエリを記述することもできます。

  • 正規表現はサポートされていません
  • 単一文字のワイルドカード (?) はサポートされていませんが、通常のワイルドカード (*) はサポートされています
  • 近接検索はサポートされていませんが、fuzzy 演算子はサポートされています
  • 範囲はサポートされていません
  • ブースティングはサポートされていません

また、-()"~*:.、およびスペースは予約されています。これらの文字を含むチェックフィールドを検索するには、そのフィールド文字列を引用符で囲みます。status:("OK") AND "doc-check" は有効なクエリ文字列ですが、status:("OK") AND doc check は有効ではありません。

チェックの作成

API tests またはbrowser testを作成するために、Syntheticsページの右上にあるCreate a New check + iを選択肢します。テストが失敗した場合、エンドポイントは再テストされません。稼働時間はエンドポイントを直接downと見なします。

メトリクス

次のメトリクスは、Synthetics チェックによって生成されます。

  • synthetics.browser.* で始まるメトリクスは、ブラウザテストから取得されます。
  • synthetics.http.* で始まるメトリクスは、API HTTP テストから取得されます。
  • synthetics.ssl.* で始まるメトリクスは、API SSL テストから取得されます。
synthetics.http.response.time
(gauge)
The overall time the request took to be processed.
Shown as millisecond
synthetics.http.response.size
(gauge)
The size of the response in bytes.
Shown as byte
synthetics.http.redirect.time
(gauge)
The time spent during redirections.
Shown as millisecond
synthetics.http.dns.time
(gauge)
The duration of the DNS lookup.
Shown as millisecond
synthetics.http.connect.time
(gauge)
Time to establish the TCP connection.
Shown as millisecond
synthetics.http.ssl.time
(gauge)
The duration of the TLS handshake.
Shown as millisecond
synthetics.http.send.time
(gauge)
The time to send the request.
Shown as millisecond
synthetics.http.firstbyte.time
(gauge)
The time to first byte.
Shown as millisecond
synthetics.http.download.time
(gauge)
The time to download the response.
Shown as millisecond
synthetics.http.response
(count)
The count of HTTP responses we receive.
Shown as request
synthetics.browser.test_duration
(gauge)
The test execution time.
Shown as millisecond
synthetics.browser.time_to_interactive
(gauge)
The time until the page can be interacted with.
Shown as millisecond
synthetics.browser.number_of_buckets
(count)
The number of buckets in a browser test. Every 25 steps in a browser test is a single bucket
synthetics.ssl.dns.time
(gauge)
The duration of the DNS lookup.
Shown as millisecond
synthetics.ssl.handshake.time
(gauge)
The duration of the TLS handshake.
Shown as millisecond
synthetics.ssl.response.time
(gauge)
The overall time the request took to be processed.
Shown as millisecond
synthetics.ssl.time_to_expiry
(gauge)
The remaining time before the SSL certificate expires.
Shown as minute
synthetics.ssl.response
(count)
The count of SSL responses we receive.
Shown as request
synthetics.api.response
(count)
The count of API responses we receive.
Shown as request
synthetics.tcp.response.time
(gauge)
The overall time the request took to be processed.
Shown as millisecond
synthetics.tcp.dns.time
(gauge)
The duration of the DNS lookup.
Shown as millisecond
synthetics.tcp.connect.time
(gauge)
Time to establish the TCP connection.
Shown as millisecond

その他の参考資料