Go アプリケーションのインスツルメンテーション

Go アプリケーションのインスツルメンテーション

必須セットアップ

未構成の場合:

  • AWS インテグレーションをインストールします。これにより、Datadog は AWS から Lambda メトリクスを取り込むことができます。
  • AWS Lambda トレース、拡張メトリクス、カスタムメトリクス、ログの取り込みに必要な Datadog Forwarder Lambda 関数をインストールします。

AWS インテグレーションDatadog Forwarder をインストールしたら、手順に従ってアプリケーションをインスツルメントし、Datadog にメトリクス、ログ、トレースを送信します。

コンフィギュレーション

Install

次のコマンドを実行して、Datadog Lambda ライブラリをローカルにインストールします。

go get github.com/DataDog/datadog-lambda-go

インスツルメントする

関数をインスツルメントするには、次の手順に従います。

  1. 環境変数 DD_FLUSH_TO_LOGDD_TRACE_ENABLEDtrue に設定します。

  2. Lambda 関数ハンドラーを宣言するファイルに必要なパッケージをインポートします。

    package main
    
    import (
      "github.com/aws/aws-lambda-go/lambda"
      "github.com/DataDog/datadog-lambda-go"
      "gopkg.in/DataDog/dd-trace-go.v1/ddtrace/tracer"
      httptrace "gopkg.in/DataDog/dd-trace-go.v1/contrib/net/http"
    )
    
  3. Datadog Lambda ライブラリが提供するラッパーを使用して、Lambda 関数ハンドラーをラップします。

    func main() {
      // Wrap your lambda handler like this
      lambda.Start(ddlambda.WrapFunction(myHandler, nil))
      /* OR with manual configuration options
      lambda.Start(ddlambda.WrapFunction(myHandler, &ddlambda.Config{
        BatchInterval: time.Second * 15
        APIKey: "my-api-key",
      }))
      */
    }
    
  4. 含まれているライブラリを使用して、追加のスパンを作成し、ログとトレースを接続し、トレースコンテキストを他のサービスに渡します。

    func myHandler(ctx context.Context, event MyEvent) (string, error) {
      // Trace an HTTP request
      req, _ := http.NewRequestWithContext(ctx, "GET", "https://www.datadoghq.com", nil)
      client := http.Client{}
      client = *httptrace.WrapClient(&client)
      client.Do(req)
    
      // Connect your Lambda logs and traces
      currentSpan, _ := tracer.SpanFromContext(ctx)
      log.Printf("my log message %v", currentSpan)
    
      // Create a custom span
      s, _ := tracer.StartSpanFromContext(ctx, "child.span")
      time.Sleep(100 * time.Millisecond)
      s.Finish()
    }
    

サブスクライブ

メトリクス、トレース、ログを Datadog へ送信するには、関数の各ロググループに Datadog Forwarder Lambda 関数をサブスクライブします。

  1. まだの場合は、Datadog Forwarder をインストールします
  2. Datadog Forwarder を関数のロググループにサブスクライブします

タグ

オプションではありますが、Datadog では以下の統合サービスタグ付けのドキュメントに従いサーバーレスアプリケーションに envserviceversion タグをタグ付けすることを強くお勧めします。

確認

以上の方法で関数を構成すると、Serverless Homepage でメトリクス、ログ、トレースを確認できるようになります。

カスタムビジネスロジックの監視

カスタムメトリクスの送信をご希望の場合は、以下のコード例をご参照ください。

package main

import (
  "github.com/aws/aws-lambda-go/lambda"
  "github.com/DataDog/datadog-lambda-go"
)

func main() {
  // ハンドラー関数をラップします
  lambda.Start(ddlambda.WrapFunction(myHandler, nil))
}

func myHandler(ctx context.Context, event MyEvent) (string, error) {
  // カスタムメトリクスを送信します
  ddlambda.Metric(
    "coffee_house.order_value", // メトリクス名
    12.45, // メトリクス値
    "product:latte", "order:online" // 関連タグ
  )

  // Submit a custom metric with timestamp
  ddlambda.MetricWithTimestamp(
    "coffee_house.order_value", // メトリクス名
    12.45, // メトリクス値
    time.Now(), // タイムスタンプ、過去 20 分以内である必要があります
    "product:latte", "order:online" // Associated tags
  )

  req, err := http.NewRequest("GET", "http://example.com/status")

  // Datadog 分散型トレーシングヘッダを追加
  ddlambda.AddTraceHeaders(ctx, req)

  client := http.Client{}
  client.Do(req)
}

カスタムメトリクスの送信について、詳しくはこちらを参照してください。

その他の参考資料