.NET アプリケーションのインスツルメンテーション

.NET アプリケーションのインスツルメンテーション

必須セットアップ

未構成の場合:

  • AWS インテグレーションをインストールします。これにより、Datadog は AWS から Lambda メトリクスを取り込むことができます。
  • AWS Lambda トレース、拡張メトリクス、カスタムメトリクス、ログの取り込みに必要な Datadog Forwarder Lambda 関数をインストールします。

AWS インテグレーションDatadog Forwarder をインストールしたら、手順に従ってアプリケーションをインスツルメントし、Datadog にメトリクス、ログ、トレースを送信します。

コンフィギュレーション

Install

  1. Lambda 関数の AWS X-Ray アクティブトレースを有効にします。
  2. .NET 向け AWS X-Ray SDK をインストールします。

サブスクライブ

メトリクス、トレース、ログを Datadog へ送信するには、関数の各ロググループに Datadog Forwarder Lambda 関数をサブスクライブします。

  1. まだの場合は、Datadog Forwarder をインストールします
  2. Datadog Forwarder を関数のロググループにサブスクライブします

タグ

これはオプションですが、Datadog は、統合サービスタグ付けのドキュメントに従って、サーバーレスアプリケーションに envserviceversion タグをタグ付けすることを強くお勧めします。

AWS サーバーレスリソースからログを収集

AWS Lambda 関数以外のマネージドリソースで生成されたサーバーレスログは、サーバーレスアプリケーションの問題の根本的な原因を特定するのに役立ちます。Datadog では、お使いの環境の以下のマネージドリソースからログを転送することをお勧めします。

  • API: API Gateway、AppSync、ALB
  • キューとストリーム: SQS、SNS、Kinesis
  • データストア: DynamoDB、S3、RDS など

Lambda 以外の AWS リソースからログを収集するには、[Datadog Forwarder][9] をインストールして構成し、マネージドリソースの各 CloudWatch ロググループにサブスクライブさせます。

カスタムビジネスロジックの監視

カスタムメトリクスの送信をご希望の場合は、以下のコード例をご参照ください。

var myMetric = new Dictionary<string, object>();
myMetric.Add("m", "coffee_house.order_value");
myMetric.Add("v", 12.45);
myMetric.Add("e", (int)(DateTime.UtcNow - new DateTime(1970, 1, 1)).TotalSeconds);
myMetric.Add("t", new string[] {"product:latte", "order:online"});
LambdaLogger.Log(JsonConvert.SerializeObject(myMetric));

カスタムメトリクスの送信について、詳細は、サーバーレスカスタムメトリクスに関するドキュメントを参照してください。

その他の参考資料