Datadog Lambda 拡張機能 (プレビュー)
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

Datadog Lambda 拡張機能 (プレビュー)

概要

Datadog AWS Lambda 拡張機能は公開プレビューです。フィードバックがございましたら、Datadog サポートチームまでお寄せください。

AWS Lambda 拡張機能は、Lambda 関数を拡張できるコンパニオンプロセスです。Lambda の実行環境内で、Lambda 関数コードとともに動作します。Datadog 拡張機能は、最低限のパフォーマンスオーバーヘッドでコードと一緒に実行するよう構築された、Datadog Agent の軽量バージョンです。

Datadog 拡張機能は、AWS Lambda 関数の実行中にカスタムメトリクスおよびログの同期的送信をサポートします。つまり、Datadog Forwarder を使わずにテレメトリーデータを送信できます。: トレースを Datadog に送信するには、依然として Datadog Forwarder が必要です。

セットアップ

Datadog 拡張機能は、独自の Lambda レイヤー (Datadog Lambda ライブラリとは別) として配布され、Node.js、Python、Go ランタイムをサポートします。

  1. PythonNode.js、または Go アプリケーションをインスツルメントします。

  2. Datadog 拡張機能用 Lambda レイヤーを AWS Lambda 関数に追加します。

    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-Extension:4
    

    Lambda レイヤー ARN のプレイスホルダー AWS_REGION を適切な値に置き換えます。

  3. Node.js または Python を使用している場合は、Datadog ライブラリの Lambda レイヤーを AWS Lambda 関数に追加します。

    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-<RUNTIME>:<VERSION>
    

    使用できる RUNTIME オプションは、Node8-10Node10-xNode12-xPython27Python36Python37Python38 です。VERSION については、Node.js または Python の最新リリースを参照してください。

  4. カスタムメトリクスを送信するには、サンプルコードを参照します。

ログの収集

Extension を使用して AWS Lambda ログを Datadog に送信するには、関数の環境変数 DD_LOGS_ENABLEDtrue に設定します。さらに、この設定により Datadog の拡張メトリクスが生成されます。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: