通知ルール

概要

セキュリティ通知ルールは、個々のセキュリティ検出ルールの通知設定を手動で編集することなく、チームに問題を通知する重要な役割を果たします。

重大度、ルールタイプ、ルールタグ、シグナル属性、シグナルタグなどのパラメーターに基づいて、複数のセキュリティ検出ルールとシグナルにまたがる通知プリファレンスを通知ルール内で作成および変更することができます。

Notification Rules ページで、作成されたすべての通知ルールを閲覧、検索することができます。組織内のユーザーが作成した通知ルールを作成、編集、クローン、有効化、無効化、削除、または表示することができます。

通知ルール

通知ルールの作成

新規に通知ルールを作成する場合は、以下の手順で行ってください。

  1. Datadog で、Security > Setup & Configuration にある Notification Rules タブに移動します。

  2. ページ右上の + New Notification Rule ボタンをクリックします。

  3. Name フィールドに通知ルールの名前を入力します。

  4. セキュリティ検出ルールやセキュリティシグナルに一致する条件によって、この通知ルールがトリガーされる場合のロジックを定義します。

    • セキュリティ検出ルールの場合、重大度、ルールタイプ、ルールタグを条件として通知ルールを作成することができます。
    • セキュリティ信号の場合、信号の属性とシグナルタグが一致すれば、通知ルールを作成することができます。

    例えば、重大度を Medium に設定すると、ステップ 4 で設定したセキュリティシグナルのルール条件を少なくとも 1 回満たしている限り、シグナルが有効な通知ルールをトリガーすることを意味します。

  5. Recipients フィールドで、通知したい関係者をすべて選択します。例えば、個人、チーム、リスト、ハンドルネームに通知します。

  6. 通知ルールに一致するルールのプレビューパネルが右側に表示され、通知ルールが具体的すぎるか広範すぎるかを示すのに役立ちます。

  7. Save and Activate をクリックすると、通知ルールが保存されます。これで通知ルールが自動的にアクティブになり、メインの Notification Rules ページに戻ります。

通知ルールの設定

通知ルールがセキュリティ検出ルールと関連付けられている場合、ルールの “Set severity and notifications” (重大度と通知の設定) セクションでルールのトリガー条件を確認することができます。

通知ルールが設定された条件に一致する場合、結果の通知には、一致した通知ルールに関する詳細が通知フッターに含まれます。

通知ルールの管理

検索

フリーテキスト検索は、Notification Rule ページにあるテキストで通知ルールをフィルタリングします。ルールタイプ、ルールタグ、シグナル属性、シグナルタグ内のタグを選択すると、検索にそのタグが追加され、その値に一致する通知ルールが表示されます。

検索クエリを編集すると、検索結果がリアルタイムで更新されます。Search ボタンはありません。

有効または無効にする

通知ルールカードの右上にあるトグルスイッチで、通知ルールを有効または無効にします。

編集

通知ルールを編集するには、通知ルールカードにカーソルを合わせ、クリックします。

Clone

通知ルールを複製するには、通知ルールカードの右上にあるケバブメニューをクリックし、メニューから Clone Notification Rule を選択します。

削除

通知ルールを削除するには、通知ルールカードの右上にあるケバブメニューをクリックし、メニューから Delete Notification Rule を選択します。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: