Webhooks で検出された脅威の修復を自動化する

概要

Cloud SIEM では、自動修復ワークフローのトリガーとなる検出ルールを設定することができます。Datadog の Webhook インテグレーションでは、検出ルールがトリガーされたときに、自動化したいサービスにペイロードを配信する Webhookを設定します。すべての Webhook ペイロードには、トリガーとなったイベントに関する情報と、下流のサービスを開始するために使用できるカスタムメッセージが含まれています。Webhook の URL を持つすべてのサービスのコマンドを自動化できます。セキュリティオーケストレーションツールや自動化応答ツールが受信した HTTP リクエストを受け入れ、これらの Webhook は定義した任意のワークフローを開始します。

以下のセキュリティシナリオを選択して、修復の自動化を開始します。

誤って構成されたセキュリティグループを削除する

クラウド環境では、誤って構成されたリソースが作成されたらすぐに削除することが重要です。このシナリオでは Webhook インテグレーションを構成し、クラウドプロバイダーの API 管理サービスに Webhook を送信するよう設定します。

クラウドプロバイダーの API に送信される Webhook の図

一度構成すると、AWS ユーザーが AWS 環境内で不適切にリソースを構成した場合 (例: 過度に許可が設定されたセキュリティグループやユーザーロールなど)、Datadog ログ管理が関連するログを取り込み、セキュリティグループベースの検知ルールをトリガーします。このプロセスでは、Webhook の JSON ペイロードが指定された AWS API ゲートウェイの URL に自動的に送信され、問題のあるリソースを自動的に削除する AWS Lambda 関数が起動されます。

不審な IP アドレスを禁止する

認識できない IP アドレスからのサインインは、攻撃者が信頼されているユーザーの認証情報を操作してデータにアクセスしたり、お使いの環境内でのパーシステンスを獲得したりしている可能性があります。

この種の攻撃に対抗するには、選択した期間のアカウントの履歴データを分析し、クラウドログのこれまで見られなかった値を警告する新値検出方法が有効です。

まず、新値検出方法で新しい検出ルールを設定します。

そして、このルールがトリガーされたときに未知の IP を禁止するために、クラウドの Identity and Access Management (IAM) サービスにペイロードを送信する Webhook を設定します。

未知の IP アドレスを禁止する新しい Webhook

次の例は、Datadog によってセキュリティシグナルが生成されたときに、関連する Webhook ペイロードがどのように見えるかを示しています。

webhook-payload.json

{
  "SECURITY_RULE_NAME": "Request from unexpected IP address",
  "SECURITY_SIGNAL_ID": "abcd1234",
  "SECURITY_SIGNAL_ATTRIBUTES": {
    "network": {
      "client": {
        "ip": [
          "1.2.3.4"
        ]
      }
    }
  }
}

アプリケーションの悪用および詐欺

Datadog Cloud SIEM を使用すると、アプリケーション全体の悪用や詐欺のパターンを発見することができます。例えば、ユーザーがアプリケーション内で無効なクレジットカード情報を使って何度も購入しようとした場合にトリガーされる検知ルールを設定します。次に、ユーザーの認証情報を無効にするサービスに対して修復指示を含むペイロードを送信する Webhook を設定します。

次の例は、Datadog によってセキュリティシグナルが生成されたときに、関連する Webhook ペイロードがどのように見えるかを示しています。

webhook-payload.json

{
  "SECURITY_RULE_NAME": "Fraudulent Credit Card Authorizations",
  "SECURITY_SIGNAL_ID": "efgh5678",
  "SECURITY_SIGNAL_ATTRIBUTES": {
    "usr": {
      "id": "john.doe@your_domain.com"
    },
    "evt": {
      "name": "credit_card_authorization",
      "outcome": "fail"
    },
    "network": {
      "client": {
        "ip": [
          "1.2.3.4"
        ]
      }
    }
  }
}

Datadog はセキュリティシグナルを生成し、違反行為だけでなく、IP アドレスやユーザー ID などの不審なユーザーの情報を詳細に説明します。また、Webhook ペイロードを使用してサービスに修復指示を送信し、ユーザーの認証情報を無効化します。

その他の参考資料