Redshift クラスター Allow Version Upgrade
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。
<  Back to rules search

Redshift クラスター Allow Version Upgrade

redshift

Classification:

コンプライアンス

Set up the redshift integration.

概要

説明

AllowVersionUpgrade が有効になっていることを確認して、Redshift クラスターが自動的に最新バージョンにアップグレードできるようにします。

根拠

有効化により、最新バージョンが自動的にインストールされ、最新のバグ修正とセキュリティパッチがデプロイされます。

修復

  1. modify-cluster を実行して、クラスターの allow-version-upgrade を設定します

    allow-version-upgrade.sh

        aws redshift modify-cluster
            --cluster-identifier cluster-id-name
            --allow-version-upgrade