AWS Lambda の ASM サポートはベータ版です。脅威の検出は Lambda の拡張機能を利用することで行われます。

AWS Lambda で実行する関数を Datadog Application Security Management (ASM) で監視することができます。サーバーレス関数でサポートされる ASM の機能については、互換性を参照してください。

一般的に AWS Lambda に ASM を設定する場合、以下のような内容になります。

  1. ASM の恩恵を最も受けられる脆弱な関数や攻撃を受けている関数を特定する。サービスカタログの Security タブで検索してください。
  2. Datadog Serverless Framework プラグインを使用するか、手動で各レイヤーを設定することにより、ASM インスツルメンテーションを設定する。
  3. アプリケーションでセキュリティシグナルをトリガーし、その結果の情報を Datadog がどのように表示するかを確認する。

前提条件

  • サーバーレス APM は、Lambda 関数上でトレースを Datadog に直接送信するよう構成されています。APM にトレースデータを送るための X-Ray インテグレーションは、ASM が関数を監視するために必要なデータをサポートしていません。

詳細はこちら

Datadog Serverless Framework プラグインは、Datadog Lambda 拡張機能 を介してメトリクス、トレース、ログを Datadog に送信するように関数を自動的に構成します。

Datadog Serverless Framework プラグインをインストールして構成するには

  1. Datadog Serverless Framework プラグインをインストールします。
    serverless plugin install --name serverless-plugin-datadog
    
  2. serverless.yml (または関数に環境変数を設定する方法) を更新して、ASM を有効にします。
    environment:
      DD_SERVERLESS_APPSEC_ENABLED: true
    
    Go 関数のみの場合は、さらに以下を追加します。
    environment:
      DD_UNIVERSAL_INSTRUMENTATION: true
    
    NodeJS または Python の関数の場合は、さらに以下を追加します。
    environment:
      DD_EXPERIMENTAL_ENABLE_PROXY: true
      AWS_LAMBDA_EXEC_WRAPPER: /opt/datadog_wrapper
    
  3. 関数を再デプロイして呼び出します。数分後、ASM ビューに表示されます。

  1. Datadog トレーサーをインストールします。
    • Python

      # Use this format for x86-based Lambda deployed in AWS commercial regions
         arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-<RUNTIME>:88
      
         # Use this format for arm64-based Lambda deployed in AWS commercial regions
         arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-<RUNTIME>-ARM:88
      
         # Use this format for x86-based Lambda deployed in AWS GovCloud regions
         arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-<RUNTIME>:88
      
         # Use this format for arm64-based Lambda deployed in AWS GovCloud regions
         arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-<RUNTIME>-ARM:88
         ```
         `<AWS_REGION>``us-east-1` などの有効な AWS リージョンに置き換えてください。`RUNTIME` オプションは、`Python38`, `Python39`, `Python310`, `Python311`, `Python312` が利用可能です。
      
    • Node

      # Use this format for AWS commercial regions
        arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-<RUNTIME>:106
      
        # Use this format for AWS GovCloud regions
        arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-<RUNTIME>:106
        ```
        `<AWS_REGION>``us-east-1` などの有効な AWS リージョンに置き換えてください。RUNTIME オプションは、`Node16-x`, `Node18-x`, `Node20-x` が利用可能です。
      
    • Java: Lambda がデプロイされている場所に応じて、以下のいずれかの形式の ARN を使用して Lambda 関数のレイヤーを構成します<AWS_REGION>us-east-1 などの有効な AWS リージョンに置き換えてください。

      # In AWS commercial regions
      arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:dd-trace-java:13
      # In AWS GovCloud regions
      arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:dd-trace-java:13
      
    • Go: Go トレーサーはレイヤーに依存せず、通常の Go モジュールとして使用できます。以下で最新バージョンにアップグレードできます。

      go get -u github.com/DataDog/datadog-lambda-go
      
    • .NET: Lambda がデプロイされている場所に応じて、以下のいずれかの形式の ARN を使用して Lambda 関数のレイヤーを構成します<AWS_REGION>us-east-1 などの有効な AWS リージョンに置き換えてください。

      # x86-based Lambda in AWS commercial regions
      arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:dd-trace-dotnet:15
      # arm64-based Lambda in AWS commercial regions
      arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:dd-trace-dotnet-ARM:15
      # x86-based Lambda in AWS GovCloud regions
      arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:dd-trace-dotnet:15
      # arm64-based Lambda  in AWS GovCloud regions
      arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:dd-trace-dotnet-ARM:15
      
  2. 以下のいずれかの関数で ARN を使用して Lambda 関数のレイヤーを構成し、Datadog Lambda 拡張機能をインストールします。<AWS_REGION> は、us-east-1 など有効な AWS リージョンに置き換えてください。
    # x86-based Lambda in AWS commercial regions
    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-Extension:55
    # arm64-based Lambda in AWS commercial regions
    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-Extension-ARM:55
    # x86-based Lambda in AWS GovCloud regions
    arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-Extension:55
    # arm64-based Lambda in AWS GovCloud regions
    arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-Extension-ARM:55
    

  1. Datadog トレーサーをインストールします。
    • Python
      # Use this format for x86-based Lambda deployed in AWS commercial regions
         arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-<RUNTIME>:88
      
         # Use this format for arm64-based Lambda deployed in AWS commercial regions
         arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-<RUNTIME>-ARM:88
      
         # Use this format for x86-based Lambda deployed in AWS GovCloud regions
         arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-<RUNTIME>:88
      
         # Use this format for arm64-based Lambda deployed in AWS GovCloud regions
         arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-<RUNTIME>-ARM:88
         ```
      

<AWS_REGION>us-east-1 などの有効な AWS リージョンに置き換えます。RUNTIME オプションは、Python38, Python39, Python310, Python311, Python312 が利用可能です。

  • Node

    # Use this format for AWS commercial regions
      arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:464622532012:layer:Datadog-<RUNTIME>:106
    
      # Use this format for AWS GovCloud regions
      arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-<RUNTIME>:106
      ```
      `<AWS_REGION>``us-east-1` などの有効な AWS リージョンに置き換えてください。RUNTIME オプションは、`Node16-x`, `Node18-x`, `Node20-x` が利用可能です。
    
  • Java: Lambda がデプロイされている場所に応じて、以下のいずれかの形式の ARN を使用して Lambda 関数のレイヤーを構成します<AWS_REGION>us-east-1 などの有効な AWS リージョンに置き換えてください。

    # In AWS commercial regions
    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:417141415827:layer:dd-trace-java:13
    # In AWS GovCloud regions
    arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:dd-trace-java:13
    
  • Go: Go トレーサーはレイヤーに依存せず、通常の Go モジュールとして使用できます。以下で最新バージョンにアップグレードできます。

    go get -u github.com/DataDog/datadog-lambda-go
    
  • .NET: Lambda がデプロイされている場所に応じて、以下のいずれかの形式の ARN を使用して Lambda 関数のレイヤーを構成します<AWS_REGION>us-east-1 などの有効な AWS リージョンに置き換えてください。

    # x86-based Lambda in AWS commercial regions
    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:417141415827:layer:dd-trace-dotnet:15
    # arm64-based Lambda in AWS commercial regions
    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:417141415827:layer:dd-trace-dotnet-ARM:15
    # x86-based Lambda in AWS GovCloud regions
    arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:dd-trace-dotnet:15
    # arm64-based Lambda  in AWS GovCloud regions
    arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:dd-trace-dotnet-ARM:15
    
  1. 以下のいずれかの関数で ARN を使用して Lambda 関数のレイヤーを構成し、Datadog Lambda 拡張機能をインストールします。<AWS_REGION> は、us-east-1 など有効な AWS リージョンに置き換えてください。

    # x86-based Lambda in AWS commercial regions
    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:417141415827:layer:Datadog-Extension:55
    # arm64-based Lambda in AWS commercial regions
    arn:aws:lambda:<AWS_REGION>:417141415827:layer:Datadog-Extension-ARM:55
    # x86-based Lambda in AWS GovCloud regions
    arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-Extension:55
    # arm64-based Lambda in AWS GovCloud regions
    arn:aws-us-gov:lambda:<AWS_REGION>:002406178527:layer:Datadog-Extension-ARM:55
    

  1. 関数のデプロイ時に以下の環境変数を追加して、ASM を有効にします。

    environment:
      DD_SERVERLESS_APPSEC_ENABLED: true
    

    Go 関数のみの場合は、さらに以下を追加します。

    environment:
      DD_UNIVERSAL_INSTRUMENTATION: true
    

    NodeJS または Python の関数の場合は、さらに以下を追加します。

    environment:
      DD_EXPERIMENTAL_ENABLE_PROXY: true
      AWS_LAMBDA_EXEC_WRAPPER: /opt/datadog_wrapper
      DD_TRACE_ENABLED: true
    
  2. Node 関数と Python 関数のみ、関数のハンドラーが正しく設定されていることを再確認してください。

    • Node: 関数のハンドラーを /opt/nodejs/node_modules/datadog-lambda-js/handler.handler に設定します。
      • また、元のハンドラーに、環境変数 DD_LAMBDA_HANDLER を設定します。例: myfunc.handler
    • Python: 関数のハンドラーを datadog_lambda.handler.handler に設定します。
      • また、元のハンドラーに、環境変数 DD_LAMBDA_HANDLER を設定します。例: myfunc.handler
  3. 関数を再デプロイして呼び出します。数分後、ASM ビューに表示されます。

アプリケーションセキュリティ管理の脅威検出のアクションを見るには、既知の攻撃パターンをアプリケーションに送信します。例えば、acunetix-product という値を持つ HTTP ヘッダーを送信すると、セキュリティスキャナー攻撃の試行がトリガーされます。

curl -H 'My-ASM-Test-Header: acunetix-product' https://your-function-url/existing-route

アプリケーションを有効にして実行すると、数分後にアプリケーションシグナルエクスプローラーに脅威情報が表示されます。

Security Signal 詳細ページでは、タグ、メトリクス、次のステップの提案、脅威と関連する攻撃者の IP アドレスが表示されます。

その他の参考資料