トラブルシューティング

トラブルシューティング

Datadog SDK が適切に初期化されているかどうか確認

Datadog SDKを構成し、アプリを初回実行した後、Xcode のデバッガコンソールを確認します。SDK はいくつかの一貫性チェックを実装しており、構成ミスがある場合は関連する警告を出力します。

デバッグ作業

アプリケーションの作成時に、verbosityLevel 値を設定することで開発ログを有効にすることができます。設定したレベルと同等以上の優先度を持つ SDK からの関連メッセージが、Xcode のデバッガコンソールに出力されます。

Datadog.verbosityLevel = .debug

すべての処理が完了すると、RUM データのバッチが正しくアップロードされたことを示す以下のような出力が表示されます。

[DATADOG SDK] 🐶 → 17:23:09.849 [DEBUG] ⏳ (rum) Uploading batch...
[DATADOG SDK] 🐶 → 17:23:10.972 [DEBUG]    → (rum) accepted, won't be retransmitted: success

推奨: DEBUG コンフィギュレーションで Datadog.verbosityLevel を使用し、RELEASE で設定を解除してください。 

その他の参考資料