SwiftUI

概要

Datadog iOS SDK for RUM を使用すると、SwiftUI アプリケーションのビューとアクションをインストルメントすることができます。また、インスツルメンテーションは、UIKitSwiftUI のハイブリッドアプリケーションでも機能します。

SwiftUI のサポートは、SDK v1.9.0 で導入されました。

セットアップ

設定方法については、iOS と tvOS のモニタリングをご覧ください。

ビューをインスツルメントする

SwiftUI.View をインスツルメントするためには、以下のメソッドをビュー宣言に追加します。

import SwiftUI
import Datadog

struct FooView: View {

    var body: some View {
        FooContent {
            ...
        }
        .trackRUMView(name: "Foo")
    }
}

trackRUMView(name:) メソッドは、SwiftUI ビューがスクリーンから現れたり消えたりしたときに、RUM ビューを開始したり停止したりします。

タップアクションをインスツルメントする

SwiftUI.View のタップアクションをインスツルメントするためには、以下のメソッドをビュー宣言に追加します。

import SwiftUI
import Datadog

struct BarView: View {

    var body: some View {
        Button("BarButton") { {
            ...
        }
        .trackRUMTapAction(name: "Bar")
    }
}

その他の参考資料