RUM の使用方法
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

RUM の使用方法

Datadog リアルユーザーモニタリング (RUM) ソリューションのセットアップ:

  1. リアルユーザーモニタリングのページで、New Application ボタンをクリックします。
  2. アプリケーションの詳細を入力し、Generate Client Token をクリックします。アプリケーションの clientTokenapplicationId が自動的に作成されます。
  3. npm を使用して Datadog RUM SDK をセットアップするか、生成されたコードスニペット を head タグに貼り付けます。
  4. 変更をアプリケーションにデプロイします。実行が開始されると、ユーザーのブラウザーからDatadog によるイベントの収集が開始します。
  5. 収集されたデータは、Datadog のダッシュボードで視覚的に確認できます。

: Datadog がデータの受信を開始するまで、アプリケーションはアプリケーションリストページに「保留中」として表示されます。

npm セットアップ

@datadog/browser-rumpackage.json ファイルに追加したら、次のコマンドを実行して初期化します。

import { Datacenter, datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

datadogRum.init({
    applicationId: '<DATADOG_APPLICATION_ID>',
    clientToken: '<DATADOG_CLIENT_TOKEN>',
    datacenter: Datacenter.US,
    sampleRate: 100,
});
import { Datacenter, datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

datadogRum.init({
    applicationId: '<DATADOG_APPLICATION_ID>',
    clientToken: '<DATADOG_CLIENT_TOKEN>',
    datacenter: Datacenter.EU,
    sampleRate: 100,
});

バンドルセットアップ

生成されたコードスニペットを、アプリケーションで監視するすべての HTML ページの head タグ(他のスクリプトタグの前にあるタグ)に貼り付けます。同期型のスクリプトタグをより高い位置に含めると、Datadog RUM ですべてのパフォーマンスデータとエラーを収集できます。

<script
    src="https://www.datadoghq-browser-agent.com/datadog-rum-us.js"
    type="text/javascript"
></script>
<script>
    window.DD_RUM &&
        window.DD_RUM.init({
            clientToken: '<クライアントトークン>',
            applicationId: '<アプリケーション_ID>',
            sampleRate: 100,
        });
</script>
<script
    src="https://www.datadoghq-browser-agent.com/datadog-rum-eu.js"
    type="text/javascript"
></script>
<script>
    window.DD_RUM &&
        window.DD_RUM.init({
            clientToken: '<クライアントトークン>',
            applicationId: '<アプリケーション_ID>',
            sampleRate: 100,
        });
</script>

: window.DD_RUM チェックは、RUM SDK で読み込みエラーが起きた際に問題を防ぐために使用されます。

初期化パラメーター

パラメーター種類必須デフォルト説明
applicationId文字列はい``RUM アプリケーションの ID。
clientToken文字列はい``Datadog クライアントトークン
datacenter文字列はいus所属する組織の Datadog サイト。us はアメリカの Datadog のサイト、 eu は EU の Datadog サイト。
service文字列いいえ``このアプリケーションのサービス名。
env文字列いいえ``アプリケーションの環境 (例: prod、pre-prod、staging)
version文字列``アプリケーションのバージョン (例: 1.2.3、6c44da20、2020.02.13)
trackInteractionsBooleanfalseユーザーアクションの自動収集を有効にします
resourceSampleRate数値100リソースを収集するセッションのうち追跡されるセッションの割合。100 は全てのセッションが追跡されることを、0 は追跡されるセッションがないことを意味します。
sampleRate数値100追跡するセッションの割合。追跡されたセッションのみ RUM イベントを送信します。100 は全てを、0 は皆無を意味します。
silentMultipleInitBooleanfalseDatadog の RUM がページ上ですでに初期化されている場合、初期化が暗黙に失敗します。
proxyHost文字列``オプションのプロキシ URL。詳細については、完全なプロキシ設定ガイドを参照してください。

その他の参考資料