概要

RUM のビューイベントは、すべてのページビューについて、広範なパフォーマンスメトリクスを収集します。アプリケーションのページビューを監視し、ダッシュボードや RUM エクスプローラでパフォーマンスメトリクスを確認することができます。

RUM エクスプローラーの RUM ビューの Performance タブに表示されるウォーターフォールグラフ

以下で、ビューのパフォーマンスメトリクスにアクセスできます。

  • すぐに使える RUM ダッシュボード。これは、アプリケーションのパフォーマンスの概要を表示するものです。例えば、RUM が収集したデフォルト属性にフィルターをかけて、パフォーマンス概要ダッシュボードでユーザーのサブセットに影響を与える問題を浮き彫りにすることができます。また、このダッシュボードを複製してニーズに合わせてカスタマイズし、ダッシュボードのクエリで任意の RUM パフォーマンスメトリクスを使用することができます。
  • RUM エクスプローラーの各 RUM ビューイベントでアクセスできるパフォーマンスウォーターフォール。ここでは、特定のページビューのパフォーマンスのトラブルシューティングを行うことが可能です。Web サイトのアセットやリソース、ロングタスク、フロントエンドエラーが、エンドユーザーのページレベルのパフォーマンスにどのような影響を与えるかが表示されます。

イベントのタイミングとコア Web バイタル

Datadog の Core Web Vitals メトリクスは、@datadog/browser-rum パッケージ v2.2.0 以降から入手できます。

Google のウェブに関する主な指標は、サイトのユーザーエクスペリエンスを監視するために設計された 3 つのメトリクスのセットです。これらのメトリクスは、負荷パフォーマンス、対話性、視覚的安定性のビューを提供することに重点を置いています。各メトリクスには、優れたユーザーエクスペリエンスにつながる値の範囲に関するガイダンスが付属しています。Datadog では、このメトリクスの 75 パーセンタイルの監視をおすすめしています。

コアウェブバイタルの概要の視覚化
  • バックグラウンドで開かれたページの First Input Delay および Largest Contentful Paint は収集されません(たとえば、新規タブや焦点のないウィンドウ)。
  • 実際のユーザーのページビューから収集されたメトリクスは、Synthetic ブラウザテストなどの固定され制御された環境で読み込まれたページに対して計算されたものと異なる場合があります。Synthetic Monitoring では、Largest Contentful Paint と Cumulative Layout Shift は、実際のメトリクスではなく、ラボのメトリクスとして表示されます。
メトリクス焦点説明対象値
Largest Contentful Paintロードパフォーマンスビューポート内の最大の DOM オブジェクト (つまり、画面に表示される) がレンダリングされるページ読み込みタイムラインの瞬間。2.5秒以下
First Input Delayインタラクティブなアクティビティユーザーがページを最初に操作してからブラウザが応答するまでの経過時間。100ms以下
Cumulative Layout Shiftビジュアルの安定性動的に読み込まれるコンテンツ (サードパーティの広告など) による予期しないページ移動を定量化します。0 はシフトが発生していないことを意味します。0.1以下
Interaction To Next Paintインタラクティブなアクティビティユーザーがページを操作してから次の描画までの最長の所要時間。RUM SDK v5.1.0 が必要です。<200ms

コア Web バイタルのターゲット要素

高いコア Web バイタルメトリクスのトリガーとなった要素を特定することは、根本的な原因を理解し、パフォーマンスを改善するための第一歩です。 RUM は、各コア Web バイタルインスタンスに関連付けられている要素をレポートします。

  • Largest Contentful Paint では、RUM は最大のコンテンツ描画に対応する要素の CSS セレクタをレポートします。
  • Interaction to Next Paint では、RUM は次の描画までの最長のインタラクションに関連する要素の CSS セレクタをレポートします。
  • First Input Delay では、RUM はユーザーが最初に操作した要素の CSS セレクタをレポートします。
  • Cumulative Layout Shift では、RUM は CLS に最も影響を与えるシフトした要素の CSS セレクタをレポートします。

すべてのパフォーマンスメトリクス

属性タイプ説明
view.time_spent数値 (ns)現在のビューで過ごした時間。
view.first_byte数値 (ns)ビューの 1 バイト目を受信した時点までの経過時間。
view.largest_contentful_paint数値 (ns)ページの読み込みタイムラインにおいて、ビューポート内で最大の DOM オブジェクトがレンダリングされて画面上に表示される瞬間。
view.largest_contentful_paint_target_selector文字列 (CSS セレクタ)最大のコンテンツ描画に対応する要素の CSS セレクタ。
view.first_input_delay数値 (ns)ユーザーがページを最初に操作してからブラウザが応答するまでの経過時間。
view.first_input_delay_target_selector文字列 (CSS セレクタ)ユーザーが最初に操作した要素の CSS セレクタ。
view.interaction_to_next_paint数値 (ns)ユーザーがページを操作してから次の描画までの最長の所要時間。
view.interaction_to_next_paint_target_selector文字列 (CSS セレクタ)次の描画までの最長のインタラクションに関連する要素の CSS セレクタ。
view.cumulative_layout_shift数値動的に読み込まれるコンテンツ (サードパーティの広告など) による予期せぬページの移動を定量化します。0 は移動が発生していないことを意味します。
view.cumulative_layout_shift_target_selector文字列 (CSS セレクタ)ページの CLS に最も影響を与えるシフトした要素の CSS セレクタ。
view.loading_time数値 (ns)ページの準備が整い、ネットワークリクエストまたは DOM ミューテーションが現在発生していない状態になるまでの時間。詳しくはページパフォーマンスの監視をご覧ください。
view.first_contentful_paint数値 (ns)ブラウザによりテキスト、画像(背景画像を含む)、白以外のキャンバス、または SVG が最初にレンダリングする時間。ブラウザのレンダリングの詳細については、w3c 定義を参照してください。
view.dom_interactive数値 (ns)パーサーによりメインドキュメントの作業が終了する瞬間。詳しくは、MDN ドキュメントを参照してください。
view.dom_content_loaded数値 (ns)最初の HTML ドキュメントがレンダリング以外のブロッキングスタイルシート、画像、サブフレームの読み込み完了を待たずに完全に読み込まれ解析される際に発生するイベント。詳しくは、MDN ドキュメントを参照してください。
view.dom_complete数値 (ns)ページとすべてのサブリソースの準備が完了。ユーザー側では、ローディングスピナーの回転が停止。詳しくは、MDN ドキュメントを参照してください。
view.load_event数値 (ns)ページが完全に読み込まれた際に発生するイベント。通常は追加のアプリケーションロジックのトリガー。詳しくは、MDN ドキュメントを参照してください。
view.error.count数値このビューについて収集されたすべてのエラーの数。
view.long_task.count数値このビューについて収集されたすべてのロングタスクの数。
view.resource.count数値このビューについて収集されたすべてのリソースの数。
view.action.count数値このビューについて収集されたすべてのアクションの数。

シングルページアプリケーション (SPA) の監視

シングルページアプリケーション (SPA) の場合、RUM ブラウザ SDK は、loading_type 属性を使用して、initial_load ナビゲーションと route_change ナビゲーションを区別します。ウェブページを操作すると、ページが完全に更新されずに異なる URL に移動する場合、RUM SDK は、loading_type:route_change を使用して新しいビューイベントを開始します。RUM は、履歴 API を使用して URL の変更を追跡します。

Datadog は、ページの読み込みに必要な時間を計算する独自のパフォーマンスメトリクス、loading_time を提供します。このメトリクスは、initial_loadroute_change の両方のナビゲーションで機能します。

ロード時間の計算方法

最新のウェブアプリケーションを考慮するために、読み込み時間はネットワークリクエストと DOM のミューテーションを監視します。

  • Initial Load: 読み込み時間は、次の_どちらか長い方_になります。

    • navigationStartloadEventEnd の差、または
    • navigationStart とページで初めてアクティビティがなくなる時間との差。詳しくは、ページアクティビティの計算方法をご覧ください。
  • SPA Route Change: ロード時間は、URL が変わってから、そのページに初めてアクティビティが発生するまでの差に相当します。詳しくは、ページアクティビティの計算方法をご覧ください。

ページアクティビティの計算方法

RUM ブラウザ SDK は、インターフェイスが再び安定するまでの時間を推定するために、ページのアクティビティを追跡します。ページは、以下の場合にアクティビティがあるとみなされます。

  • xhr または fetch リクエストが進行中です。
  • ブラウザは、パフォーマンスリソースのタイミングエントリ (JS や CSS などの読み込み終了) を発行します。
  • ブラウザは DOM のミューテーションを発行します。

ページのアクティビティは、100ms 間アクティビティがなかった場合に終了したと判断されます。

: SDK の初期化後に発生したアクティビティのみを考慮します。

注意事項:

最後のリクエストまたは DOM 変異から 100ms という基準は、以下のシナリオではアクティビティの正確な判断にならないかもしれません。

  • アプリケーションは、定期的またはクリックごとに API へのリクエストを送信することで分析を収集します。
  • アプリケーションは “comet” の技術 (つまり、ストリーミングやロングポーリング) を使用しており、リクエストは不定時間保留されたままです。

このような場合のアクティビティ判定の精度を向上させるには、excludedActivityUrls を指定します。これは、ページアクティビティを計算する際に RUM ブラウザ SDK が除外するリソースのリストです。

window.DD_RUM.init({
    ...
    excludedActivityUrls: [
        // 正確な URL を除外する
        'https://third-party-analytics-provider.com/endpoint',

        // /comet で終わる URL を除外する
        /\/comet$/,

        // 関数が true を返す URL を除外する
        (url) => url === 'https://third-party-analytics-provider.com/endpoint',
    ]
})

Hash SPA ナビゲーション

RUM SDK は、ハッシュ (#) ナビゲーションに依存するフレームワークを自動的に監視します。SDK は HashChangeEvent を監視し、新しいビューを表示します。現在のビューのコンテキストに影響しない HTML アンカータグからくるイベントは無視されます。

独自のパフォーマンスタイミングを追加

RUM のデフォルトのパフォーマンスタイミングに加えて、アプリケーションで時間がかかっている場所をより柔軟に計測することが可能です。addTiming API を使用すると、パフォーマンスタイミングを簡単に追加できます。

たとえば、ヒーロー画像が表示されたときのタイミングを追加します。

<html>
  <body>
    <img onload="window.DD_RUM.addTiming('hero_image')" src="/path/to/img.png" />
  </body>
</html>

または、ユーザーが初めてスクロールしたとき:

document.addEventListener("scroll", function handler() {
    //1度だけトリガーするよう、イベントリスナーを削除
    document.removeEventListener("scroll", handler);
    window.DD_RUM.addTiming('first_scroll');
});

タイミングが送信されると、タイミングはナノ秒単位で @view.custom_timings.<timing_name> (たとえば @view.custom_timings.first_scroll) としてアクセス可能になります。RUM エクスプローラーまたはダッシュボードで視覚化を作成する前に、メジャーを作成する必要があります。

シングルページアプリケーションの場合、addTiming API により現在の RUM ビューの開始の相対的なタイミングが発行されます。たとえば、ユーザーがアプリケーションを表示し(初期ロード)、次に別のページを 5 秒間表示して(ルート変更)、8 秒後に addTiming をトリガーした場合、タイミングは 8-5 = 3 秒となります。

非同期セットアップを使用している場合は、2 番目のパラメーターとして自分のタイミング (UNIX エポックタイムスタンプ) を指定できます。

例:

document.addEventListener("scroll", function handler() {
    //1 度だけトリガーするよう、イベントリスナーを削除 
    document.removeEventListener("scroll", handler);

    const timing = Date.now()
    window.DD_RUM.onReady(function() {
      window.DD_RUM.addTiming('first_scroll', timing);
    });
});

その他の参考資料