RUM の高度なコンフィギュレーション

RUM の高度なコンフィギュレーション

機密 RUM データの管理

RUM データに編集が必要な機密情報が含まれている場合は、RUM を初期化するときに beforeSend コールバックを使用して、機密シーケンスを編集するか選択した RUM イベントを破棄するように Browser SDK を構成します。

このコールバック関数を使用すると、RUM SDK によって収集されたすべてのイベントにアクセスしてから Datadog に送信できます。

RUM イベントのコンテンツを変更

たとえば、Web アプリケーションの URL からメールアドレスを編集します。

import { datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

datadogRum.init({
    ...,
    beforeSend: (event) => {
        // ビューの URL からメールを削除します
        event.view.url = event.view.url.replace(/email=[^&]*/, "email=REDACTED")
    },
    ...
});
DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.init({
        ...,
        beforeSend: (event) => {
            // ビューの URL からメールを削除します
            event.view.url = event.view.url.replace(/email=[^&]*/, "email=REDACTED")
        },
        ...
    })
})
window.DD_RUM &&
    window.DD_RUM.init({
        ...,
        beforeSend: (event) => {
            // ビューの URL からメールを削除します
            event.view.url = event.view.url.replace(/email=[^&]*/, "email=REDACTED")
        },
        ...
    });

次のイベントプロパティを更新できます。

属性タイプ説明
view.url文字列アクティブな Web ページの URL。
view.referrer文字列現在リクエストされているページへのリンクがたどられた前のウェブページの URL。
action.target.name文字列ユーザーが操作した要素。自動的に収集されたアクションの場合のみ。
error.message文字列エラーについて簡潔にわかりやすく説明する 1 行メッセージ。
error.stack文字列スタックトレースまたはエラーに関する補足情報。
error.resource.url文字列エラーをトリガーしたリソース URL。
resource.url文字列リソースの URL。

: RUM SDK は、上記にリストされていないイベントプロパティに加えられた変更を無視します。すべてのイベントプロパティについては、Browser SDK リポジトリを参照してください。

RUM イベントを破棄

beforeSend API で、false を返し RUM イベントを破棄します。

import { datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

datadogRum.init({
    ...,
    beforeSend: (event) => {
        if (shouldDiscard(event)) {
            return false
        }
        ...
    },
    ...
});
DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.init({
        ...,
        beforeSend: (event) => {
            if (shouldDiscard(event)) {
                return false
            },
            ...
        },
        ...
    })
})
window.DD_RUM &&
    window.DD_RUM.init({
        ...,
        beforeSend: (event) => {
            if (shouldDiscard(event)) {
                return false
            }
            ...
        },
        ...
    });

ユーザーセッションを特定する

RUM セッションにユーザー情報を追加すると、次のことが簡単になります。

  • 特定のユーザーのジャーニーをたどる
  • エラーの影響を最も受けているユーザーを把握する
  • 最も重要なユーザーのパフォーマンスを監視する

次の属性はオプションですが、少なくとも 1 つを指定することをお勧めします。

属性タイプ説明
usr.id文字列一意のユーザー識別子。
usr.name文字列RUM UI にデフォルトで表示されるユーザーフレンドリーな名前。
usr.email文字列ユーザー名が存在しない場合に RUM UI に表示されるユーザーのメール。Gravatar をフェッチするためにも使用されます。

ユーザーセッションを識別するには、setUser API を使用します。

datadogRum.setUser({
    id: '1234',
    name: 'John Doe',
    email: 'john@doe.com'
})
DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.setUser({
        id: '1234',
        name: 'John Doe',
        email: 'john@doe.com'
    })
})
window.DD_RUM && window.DD_RUM.setUser({
    id: '1234',
    name: 'John Doe',
    email: 'john@doe.com'
})

サンプリング

デフォルトでは、収集セッション数にサンプリングは適用されていません。収集セッション数に相対サンプリング (% 表示) を適用するには、RUM を初期化する際に sampleRate パラメーターを使用します。下記の例では、RUM アプリケーションの全セッションの 90% のみを収集します。

import { datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

datadogRum.init({
    applicationId: '<DATADOG_APPLICATION_ID>',
    clientToken: '<DATADOG_CLIENT_TOKEN>',
    site: '<DATADOG_SITE>',
    sampleRate: 90,
});
<script>
 (function(h,o,u,n,d) {
   h=h[d]=h[d]||{q:[],onReady:function(c){h.q.push(c)}}
   d=o.createElement(u);d.async=1;d.src=n
   n=o.getElementsByTagName(u)[0];n.parentNode.insertBefore(d,n)
})(window,document,'script','https://www.datadoghq-browser-agent.com/datadog-rum.js','DD_RUM')
  DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.init({
        clientToken: '<CLIENT_TOKEN>',
        applicationId: '<APPLICATION_ID>',
        site: '<DATADOG_SITE>',
        sampleRate: 90,
    })
  })
</script>
window.DD_RUM &&
    window.DD_RUM.init({
        clientToken: '<CLIENT_TOKEN>',
        applicationId: '<APPLICATION_ID>',
        site: '<DATADOG_SITE>',
        sampleRate: 90,
    });

: サンプルとして抽出したセッションでは、すべてのページビューとそのセッションに紐付くテレメトリーは収集されません。

グローバルコンテキスト

グローバルコンテキストを追加

リアルユーザーモニタリング (RUM) を初期化したら、addRumGlobalContext(key: string, value: any) API を使用してアプリケーションから収集したすべての RUM イベントにコンテキストを追加します。

import { datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

datadogRum.addRumGlobalContext('<CONTEXT_KEY>', <CONTEXT_VALUE>);

// コード例
datadogRum.addRumGlobalContext('activity', {
    hasPaid: true,
    amount: 23.42
});
DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.addRumGlobalContext('<CONTEXT_KEY>', '<CONTEXT_VALUE>');
})

// コード例
DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.addRumGlobalContext('activity', {
        hasPaid: true,
        amount: 23.42
    });
})
window.DD_RUM && window.DD_RUM.addRumGlobalContext('<CONTEXT_KEY>', '<CONTEXT_VALUE>');

// コード例
window.DD_RUM && window.DD_RUM.addRumGlobalContext('activity', {
    hasPaid: true,
    amount: 23.42
});

: 製品全体でデータの相関を高めるには Datadog の命名規則に従ってください。

グローバルコンテキストを置換

リアルユーザーモニタリング (RUM) を初期化したら、setRumGlobalContext(context: Context) API を使用してすべての RUM イベントのデフォルトコンテキストを置換します。

import { datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

datadogRum.setRumGlobalContext({ '<コンテキストキー>', <コンテキスト値>' });

// Code example
datadogRum.setRumGlobalContext({
    codeVersion: 34,
});
DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.setRumGlobalContext({ '<CONTEXT_KEY>': '<CONTEXT_VALUE>' });
})

// コード例
DD_RUM.onReady(function() {
    DD_RUM.setRumGlobalContext({
        codeVersion: 34,
    })
})
window.DD_RUM &&
    DD_RUM.setRumGlobalContext({ '<コンテキストキー>', <コンテキスト値>' });

// Code example
window.DD_RUM &&
    DD_RUM.setRumGlobalContext({
        codeVersion: 34,
    });

: 製品全体でデータの相関を高めるには Datadog の命名規則に従ってください。

グローバルコンテキストを読み取る

リアルユーザーモニタリング (RUM) を初期化したら、getRumGlobalContext() API を使用してグローバルコンテキストを読み取ります。

import { datadogRum } from '@datadog/browser-rum';

const context = datadogRum.getRumGlobalContext();
DD_RUM.onReady(function() {
  var context = DD_RUM.getRumGlobalContext();
});
var context = window.DD_RUM && DD_RUM.getRumGlobalContext();

その他の参考資料