Android Web ビュー追跡

概要

Real User Monitoring により、Android と Android TV のハイブリッドアプリケーションの Web ビューを監視し、死角をなくすことができます。

以下を実行できます。

  • モバイルアプリケーションの Web とネイティブコンポーネントにまたがるユーザージャーニーの追跡
  • モバイルアプリケーションの Web ページやネイティブコンポーネントへのレイテンシーの根本原因を特定する
  • モバイルデバイスで Web ページの読み込みが困難なユーザーへの対応

セットアップ

前提条件

モバイル Android および Android TV アプリケーションでレンダリングしたい Web ページを、まず Browser SDK で設定します。詳しくは、RUM ブラウザモニタリングをご覧ください。

既存の SDK のセットアップを更新する

  1. RUM Android SDK の最新バージョンをダウンロードします。

  2. RUM Android Monitoring から既存の Android SDK の設定を編集します。

  3. 以下の例で、Web ビューの追跡を追加します。

             val configuration = Configuration.Builder(
                     rumEnabled = true
                 )
                .useSite()
                .trackInteractions()
                .setWebViewTrackingHosts(hosts)
                .trackLongTasks(durationThreshold)
                .useViewTrackingStrategy(strategy)
                .build()
             val credentials = Credentials(<CLIENT_TOKEN>, <ENV_NAME>, <APP_VARIANT_NAME>, <APPLICATION_ID>)
             Datadog.initialize(this, credentials, configuration, trackingConsent)
         }
     }
    
  4. SDK を初期化する際に、コンフィギュレーションファイルの DatadogEventBridge.setup(webView) を用いて、モバイル Android アプリケーションで追跡したい Web ビューの DatadogEventBridge を構成します。

Web ビューにアクセスする

Web ビューは、RUM エクスプローラーにイベントとビューとして表示されます。Android や Android TV のアプリケーションでフィルタリングし、セッションをクリックします。セッションのイベント一覧が表示されたサイドパネルが表示されます。

RUM エクスプローラーのセッションで取得した Web ビューイベント

Open View waterfall をクリックすると、セッションからビューの Performance タブにあるリソースウォーターフォールの視覚化へ移動します。

その他の参考資料