ノートブック

ノートブック

概要

ノートブックは、グラフとテキストを組み合わせて 1 列のセル形式で表示し、事後分析、調査、ランブック、ドキュメントなどを作成することで、データの背景情報を調査したり共有したりできます。

ライブコラボレーション

ノートブックは、リアルタイムコラボレーションをサポートします。プレゼンスインジケーターには、特定の時間にノートブックを閲覧しているユーザーが表示されます。インジケーターは、他に編集中のユーザーがいるセルにも表示されます。

ノートブックへの変更は、ページを更新しなくても自動的に反映されます。

ノートブックの閲覧および編集はどのチームメンバーでもできますが、削除ができるのは作成者または管理者のみです。

コメントの作成

コメントを追加するには、文字列を選択またはグラフの上にカーソルを合わせます。セルの右側に Add comment ボタンが表示されます。

作成したコメントを編集または削除するには、コメントの右上にあるメニューをクリックします。

ノートブックのメニュー(歯車)で、コメント履歴にある解決済みのコメントを表示したり再開したりできます。

ノートブックへ新規コメントがあると、ノートブックの作成者に通知が送信され、コメントに返信があるとコメントの作成者に通知が送信されます。通知設定を管理するには、ノートブックのメニュー(歯車)にある Notifications を使用します。

ノートブック一覧

ノートブック一覧で、以前に作成したノートブックの表示と検索ができます。各ノートブックの名前、作成者、最終更新日が表示されます。ノートブックは以下のグループに分けられます。

  • マイノートブック: 自分が作成したノートブック。
  • 他のノートブック: 同じチームのメンバーが作成したノートブック。

ノートブックリストには、プリセットテンプレートやチュートリアルも表示されます。テンプレートを直接編集して Clone をクリックし、変更を保存します。

新しいノートブック

メインナビゲーションから新しいノートブックを作成します。: Notebooks > New Notebook

デフォルトでは、新しいノートブックは保存されません。保存するには、Save ボタンをクリックしてください。

コンテンツの種類

ノートブックは可視化とテキストセルをサポートします。

視覚化

ノートブック内のグラフは、Datadog のすべてのデータソースに対応しています(メトリクス、ログイベント、インデックス化されたスパン、ライブプロセス、ネットワークトラフィック、RUM イベント、プロファイリングのメトリクス、セキュリティシグナル)。

グラフは、Datadog クエリエディターで作成されます。ノートブックは以下をサポートします。

テキスト

ノートブック内のテキストはマークダウンによって書式設定されるため、見出し、小見出し、リンク、画像、箇条書き、コードブロックを含めることができます。

セルの操作

既存のノートブックを開いた時、セルは閉じた状態にあります。セルを開いて編集するには、セルにカーソルを合わせて CMD + Click を使用または Edit をクリックします。セルを閉じるには、セルではない場所をクリックしてから、 ESC または CMD + Enter を押します。一度に 1 つのセルのみ開くことができます。

セルを挿入するには、セルの左側にある + ボタンを使用します。セルを共有、クローン作成、削除するには、セルにカーソルを合わせると表示される操作トレイを使用するか、キーボードショートカットを使用します。キーボードショートカットの一覧は、ノートブックのヘッダにあるキーボードボタンをクリックすると表示されます。

タイムフレーム

デフォルトでは、すべてのグラフセルはノートブックのヘッダに設定されたグローバルなタイムフレームにリンクされています。

別のタイムフレームを表示するには、グローバルタイムピッカーでオプションを選択するか、グラフを直接スクラブします。ノートブック URL は、ノートブックに保存することなく、この新しいタイムフレームを反映するように更新されます。

: クリックアンドドラッグしてグラフを拡大しても、セルのグローバルな時間を解除することはできません。この操作を行うと、ノートブックのグローバルなタイムフレームが変更されます。

この時間をノートブックのデフォルトとして保存するには、Update Default をクリックします。リセットボタンは、時間の変更を破棄します。

個々のセルは、グローバルタイムのリンクを解除し、独立したタイムフレームを設定することができます。

1 つのセルで別のタイムフレームを表示するには、そのセルを編集し、トグルを使用しグローバルタイムからリンクを解除します。タイムピッカーを使用するかグラフをスクラブして、タイムフレームを変更します。編集モードでの変更は、Done をクリックすると自動的に保存されます。変更内容を破棄するには、Done ではなく Cancel をクリックします。

展開

グラフを展開するには、セルの右側にある展開アイコンをクリックします。全画面モードの詳細は、ウィジェット ページを参照してください。

レイアウトオプション

レイアウトオプションは、編集モードでセルの右側にあるグリッドアイコンをクリックすると表示されます。

  • グラフサイズ: XSSM (デフォルト)、LXLから選択。
  • グラフの凡例: 凡例を非表示にするには、ボックスのチェックマークを外します。XSS サイズのグラフでは、凡例は自動的に無効になります。
  • グループ化: タグ値ごとに 1 つのグラフを表示し、複数の小さいグループに視覚化します。

: 設定の変更は対象となるセルにのみ影響します。

その他の参考資料