ノートブック
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

ノートブック

概要

ノートブックは、グラフとテキストを組み合わせて 1 列のセル形式で表示し、インシデント調査、事後分析、ランブック、インフラストラクチャードキュメントなど、データの背景情報を調査したり共有したりできるように設計されています。

ノートブック一覧

ノートブック一覧で、以前に作成したノートブックの表示と検索ができます。各ノートブックの名前、作成者、最終更新日が表示されます。ノートブックは以下のグループに分けられます。

  • マイノートブック: 自分が作成したノートブック。
  • 他のノートブック: 同じチームのメンバーが作成したノートブック。

共有とアクセス許可

ノートブックの閲覧および編集はどのチームメンバーでもできますが、削除は作成者しかできません。

他のユーザーのノートブックに対する編集は自動的には保存されません。他のユーザーのノートブックに変更を加えようとした場合、オリジナルに上書き保存することを明示的に選択しない限り、コピーが作成されます。

新しいノートブック

メインナビゲーションから新しいノートブックを作成します。: *Notebooks > New Notebook*。

デフォルトでは、新しいノートブックは保存されません。保存するには、Save ボタンをクリックしてください。

コンテンツの種類

ノートブックは可視化とテキストセルをサポートします。

視覚化

ノートブックのメトリクスは、Datadogクエリエディターを用いてグラフ化されます。ノートブックは以下をサポートします。

テキスト

ノートブック内のテキストはマークダウンによって書式設定されるため、見出し、小見出し、リンク、画像、箇条書き、コードブロックを含めることができます。

セルの操作

既存のノートブックを開いた時、セルは閉じた状態にあります。セルを開いて編集するには、セルをクリックするか、矢印キーで移動し Enter を押します。セルを閉じるには、セルではない場所をクリックするか、CMD + Enter を使用します。一度に 1 つのセルのみ開くことができます。

セルを挿入、複製、削除するには、セル番号の左側にある歯車アイコンをクリックするか、キーボードショートカットを使用します。キーボードショートカットの一覧は、ノートブックのヘッダにあるキーボードボタンをクリックすると表示されます。

タイムフレーム

デフォルトでは、すべてのグラフセルはノートブックのヘッダに設定されたグローバルなタイムフレームに従いますが、個々のセルのグローバルな時間を解除し独立したタイムフレームを設定することができます。これにより、単一のノートブック内で複数の異なる期間でメトリクスの比較ができるため、インシデント調査に役立ちます。

個々のタイムフレームを設定するには、グラフセルの右上にある時計アイコンをクリックします。次に、Lock this cell to global time frame のチェックマークを外し、希望するタイムフレームを設定します。

: クリックアンドドラッグしてグラフを拡大しても、セルのグローバルな時間を解除することはできません。この操作を行うと、ノートブックのグローバルなタイムフレームが変更されます。

展開

グラフを展開するには、セルの右側にある展開アイコンをクリックします。全画面モードの詳細は、ウィジェット ページを参照してください。

レイアウトオプション

レイアウトオプションは、セルの右側にあるグリッドアイコンをクリックすると表示されます。

  • グラフサイズ: XSSM (デフォルト)、LXLから選択。
  • グラフの凡例: 凡例を非表示にするには、ボックスのチェックマークを外します。XSS サイズのグラフでは、凡例は自動的に無効になります。
  • グループ化: ソースグループごとに 1 つのグラフを表示します。

: 設定の変更は対象となるセルにのみ影響します。

個々のセルへのリンク設定

特定のセルの URL をコピーするには、セルの右側にあるチェーンリンクアイコンをクリックします。可視化セルおよびマークダウンセルの両方で直リンクを利用できます。

ユーザーが特定のセルの URL にアクセスすると、ノートブックが開き、ビューポートの上部にセルが表示されます。絶対リンクのため、セルの URL はノートブック内で新しい位置に移されたとしても、変わることはありません。

保存、名前の変更、複製、削除

ノートブックを保存するには、CMD + S キーを押すか、ノートブックのヘッダーにある “Save” ボタンをクリックします。保存された新しいノートブックは、それ以後、一定間隔で継続して自動保存されます。また、自動保存の間隔の途中でいつでも手動でノートブックを保存できます。行った作業が失われないようにするために、変更を保存しないままノートブックから離れようとすると、確認のメッセージが表示されます。

ノートブックの名前を変更するには、ノートブックのヘッダーの名前フィールドをクリックします。

個々のノートブックからノートブックを複製するには、右上にある設定アイコンを使用します。

ノートブックの一覧ページまたは個々のノートブックの中からノートブックを削除するには、右上にある設定アイコンを使用します。自分で作成したノートブックのみ削除できます。

その他の参考資料