Watchdog モニター
Incident Management が一般に使用できるようになりました。 Incident Management が広範に使用できるようになりました。

Watchdog モニター

概要

Watchdog は、APM とインフラストラクチャーメトリクスのアルゴリズム機能です。メトリクスの傾向とパターンを継続的に観察し、非典型的な動作を探すことにより、アプリケーションとインフラストラクチャーの潜在的な問題を自動的に検出します。

モニターの作成

Datadog で Watchdog モニターを作成するには、メインナビゲーションを使用して次のように移動します: Monitors –> New Monitor –> Watchdog

ストーリータイプを選択

このセクションでは、APM または Infrastructure ストーリーから選択します。

Watchdog がシステムのサービスまたはその子リソースの異常な動作を検出すると、APM ストーリーが作成されます。

ソースを選択

ドロップダウンメニューから[プライマリータグ] 1、[サービス] 2、および[リソース] 3を選択します。

選択が完了すると、モニター作成ページの上部にあるグラフに、一致する Watchdog イベントとイベントのリストが経時的に表示されます。

インフラストラクチャー全体のストーリーには、次のインテグレーションに関する問題が含まれる場合があります。

インフラストラクチャーの選択後、モニター作成ページの上部にあるグラフに、Watchdog イベントとイベントのリストが経時的に表示されます。

ソースを選択

選択する必要はありません。Watchdog がインフラストラクチャー全体で問題を検出すると、通知されます。

Notifications

何が起きているのかおよびチームに通知のセクションの詳細な手順については、[通知] 3ページを参照してください。

その他の参考資料