インテグレーションモニター
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

インテグレーションモニター

概要

インテグレーションモニターを使用して、インストールしたインテグレーションが実行されているか確認します。さらに詳しいモニタリングでは、メトリクスモニターを使用してインテグレーションに関する特定の情報を測定できます。

モニターの作成

Datadog でインテグレーションモニターを作成するには

  1. メインナビゲーションで、Monitors –> New Monitor –> Integration の順に選択します。
  2. インテグレーションを検索するか、一覧または画像から選択します。
  3. Integration Metric モニターまたは Integration Status モニターを選択します。

インテグレーションメトリクス

メトリクスモニタードキュメントの手順に従って、インテグレーションメトリクスモニターを作成します。モニタータイプにインテグレーションメトリクスを選択すると、モニターの管理 ページで、確実にインテグレーションモニタータイプのファセットでモニターを選択できるようになります。

インテグレーションステータス

インテグレーションにサービスチェックが含まれている場合、Integration Status タブのステータスはアクティブです。

チェックを選択する

インテグレーションに含まれるチェックが 1 つしかない場合、選択する必要はありません。それ以外の場合は、モニターのチェックを選択します。

モニターのスコープを選択

ホスト名、タグ、または All Monitored Hosts を選択して、監視するスコープを決定します。特定のホストを除外する必要がある場合は、2 番目のフィールドに名前やタグをリストアップします。

  • インクルードフィールドでは AND ロジックを使用します。リストアップされたすべてのホスト名とタグが存在するホストがスコープに含まれます。
  • エクスクルードフィールドでは OR ロジックを使用します。リストアップされたホスト名やタグを持つホストはスコープから除外されます。

アラートの条件を設定する

このセクションで、Check Alert または Cluster Alert を選択します。

チェックアラートは、各チェックグループにつき、送信されたステータスを連続的にトラックし、しきい値と比較します。

チェックアラートをセットアップする

  1. チェックレポートを送信する各 <グループ> に対し、アラートを個別にトリガーします。

    チェックグループは既存のグループリストから指定するか、独自に指定します。インテグレーションモニターでは、チェックごとのグループを明確にします。たとえば Postgres インテグレーションなら、dbhostport でタグ付けします。

  2. 何回連続して失敗したらアラートをトリガーするか、回数 <数値> を選択します。

    各チェックは OKWARNCRITICALUNKNOWN のいずれか 1 つのステータスを送信します。CRITICAL ステータスが連続して何回送信されたら通知をトリガーするか選択します。たとえば、データベースで接続に失敗する異常が 1 回発生したとします。値を > 1 に設定した場合、この異常は無視されますが、2 回以上連続で失敗した場合は通知をトリガーします。

  3. 何回連続して成功したらアラートを解決するか、回数 <数値> を選択します。

    何回連続して OK ステータスが送信されたらアラートを解決するか、回数を選択します。

クラスターアラートは、既定のステータスでチェックの割合を計算し、しきい値と比較します。

クラスターアラートをセットアップする

  1. タグによりチェックをグループ化するかどうか決定します。Ungrouped はすべてのソースでステータスのパーセンテージを計算します。Grouped は各グループごとのステータスのパーセンテージを計算します。

  2. アラートのしきい値となるパーセンテージを選択します。

No dataAuto resolveEvaluation delayの各オプションに関する情報は、メトリクスモニタードキュメントを参照してください。

通知

Say what’s happening セクションと Notify your team セクションの詳細については、通知ページをご参照ください。

その他の参考資料