モニターの管理
Datadog の調査レポート: サーバーレスの状態 レポート: サーバーレスの状態

モニターの管理

モニターの管理ページではモニターの一括検索、削除、ミュート、解決、およびモニタータグの編集が可能です。検索結果に含まれるモニターを個別に複製したり、編集することもできます。

検索

モニターを検索するには、画面左側の属性チェックボックスまたは上部の検索バー、あるいはその両方を使用してクエリを作成します。属性を選択すると、それに応じて検索バーのクエリが更新されます。同様に、検索バーのクエリを変更する (またはクエリを新規作成する) と、属性チェックボックスが更新されて変更内容が反映されます。いずれの場合も、クエリを編集するとその結果がリアルタイムで更新されます。: クリックが可能な*検索*ボタンはありません。

検索バー

シンプルな検索ワードを入力してモニターのタイトルと通知メッセージを検索しましょう。たとえば、postgresql と検索すると、タイトルまたは通知メッセージの中に postgresql を含むすべてのモニターが表示されます。

フィールド名を指定することで、検索結果の絞り込みが可能です。

項目説明
タイトルモニターのタイトルに含まれる文言を検索します。title:text
メッセージモニターの通知メッセージに含まれる文言を検索します。message:text

また、1234567 などの ID を利用してモニターを検索することも可能です。モニターの ID はモニターステータスページで確認できます。

クエリ

ブール演算子 (ANDORNOT) と括弧を使用すると、さらに複雑な検索クエリを記述することができます。検索構文は以下の場合を除き、Elasticsearch とほぼ同じです。

  • 正規表現はサポートされていません。
  • 単一文字のワイルドカード (?) はサポートされていませんが、通常のワイルドカード (*) はサポート対象です。
  • 近接検索はサポートされていませんが、ファジー演算子はサポート対象です。
  • 範囲探索はサポートされていません。
  • ブースティングはサポートされていません。

また、-()"~*:.、およびスペースは予約済みです。これらの文字を含むモニターフィールドを検索する際は、status:Alert AND "chef-client" のように対象のフィールド文字列を引用符で囲むようにしてください。

引用符で囲まれたフィールドには注意事項があります。

  • metric:system.cpu.idle などのように、フィールド名でよく見かける . は使用可能です。引用符の有無は問いません。
  • 引用符で囲まれたワイルドカード検索は使用できません。たとえば、"chef-client*" などの構文では * が文字として扱われるため、"chef-client failing" というタイトルのモニターを検索することはできません。

属性

高度な検索を使用すると、以下のモニター属性を組み合わせて対象を絞り込むことができます。

属性説明
ステータスモニターのステータス: Triggered (AlertWarnNo Data) または OK
ミュートモニターのミュート状態: true または false
種類Datadog のモニター種類
クリエイターモニターの作成者
サービスservice:<VALUE> の形式で使用されるサービスタグ
タグモニターに割り当てられたタグ
Envenv:<VALUE> の形式で使用される環境タグ
スコープモニタークエリの from フィールド一覧に含まれる検索タグ
メトリクス/チェック監視対象のメトリクスまたはサービスチェック
通知通知を受け取る人またはサービス

モニターの検索に必要な数だけボックスをチェックできます。以下の規則が適用されますのでご確認ください。

  • AND 演算子は、status:Alert type:Metric など、異なるフィールドから属性をチェックする場合に適用されます (2 つの検索ワードの間に演算子がない場合は自動で AND と判断されます) 。
  • OR 演算子はほとんどの場合、status:(Alert OR Warn) など 同じフィールド内の属性をチェックする場合に用いられます。ただし、複数のスコープやサービスタグをチェックする場合は例外として AND 演算子を使用します。
  • 一部の属性では複数の値を選択できません。たとえば、メトリクスやサービスチェックを選択すると、選択を解除するまでその他のオプションはリストに表示されなくなります。
  • Status 属性の Triggered チェックボックスは status:(Alert OR Warn OR "No Data") を解決するためのものです。Triggered は有効なモニターのステータスではありません。
  • *メトリクス/チェック*属性の名称は、クエリ内では常に metric と表示されます。たとえば、チェック http.can_connect を選択すると、metric:http.can_connect がクエリに追加されます。

: モニターをまたいで大量の値を保持する属性の場合は、属性検索バーで対象の値の絞り込みを行ってください。

管理

検索が完了したら、各結果の隣にあるチェックボックスを使用して更新するモニターを選択します。STATUS 列の見出しの隣にある一番上のチェックボックスを選択すると、すべての結果を一度に選択できます。その上で、検索結果の右上にあるボタンを使用して一括操作が可能です。

オプション説明
ミュート選択したモニターを 1h4h12h1d1w、または Forever の間ミュートにします。
ミュート解除選択されたモニターがミュート状態の場合、ミュートを解除します。
解決選択されたモニターのアラートを解決します。
Delete選択したモニターを永久に削除します。
タグを編集選択したモニターのタグを編集します。

個別のモニターを編集するには、該当する行にカーソルを合わせて右端にある Edit、Clone、Mute、Delete の各ボタンを選択します。モニターの詳細を表示するには、名前をクリックしてステータスページにアクセスします。

トリガー構成済のモニター

トリガー構成済のモニターページから、トリガーされたモニターを一括でミュートまたは解決できます。このページにはトリガー済のステータス (Alert、Warn、No Data) にあるモニターのみが表示されます。

グループ結果

トリガー構成済のモニターページには、それぞれのモニターのグループ (報告元ソース) に対応する個別の行が表示されます。たとえば、ホストでグルーピングされたモニターにトリガー済のステータスを持つホストが 14 台あった場合、ページには 14 行が表示されます。このページから特定の報告元ソースに対応するモニターをミュートまたは解決することができます。

検索クエリの記述には、モニターの管理ページにあるものと同じ属性が利用可能です。トリガー構成済のページにチェックボックスとして表示されていないものも利用できます。

トリガー構成済のページにおける属性の差異:

  • status ではなく group_status 属性が使用されます。
  • triggered 属性を利用して、トリガーされている期間でモニターのフィルタリングが可能です。
  • group 属性を使用して、複数のタグでグループ化されたモニターの検索結果を絞り込むことができます。たとえば、hostenv によってグループ化されたモニターがあるとします。このモニターをタイトルで検索すると、host:web01,env:devhost:web02,env:devhost:web01,env:prodhost:web02,env:prod という 4 つの行が取得されます。この場合、group フィールドを使用すると、prod ホスト (group:"env:prod") や web02 ホスト (group:"host:web02") のみを表示できます。

モニタータグ

モニタータグは Agent またはインテグレーションから送信されたタグとは別の独立したタグです。モニターに直接タグを追加することで、モニターの管理トリガー構成済のモニターダウンタイムの管理ページのフィルタリングが可能です。モニタータグについての詳細は、タグ付けについてのドキュメントをご参照ください。

その他の参考資料