メトリクスエクスプローラー
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

メトリクスエクスプローラー

概要

メトリクスエクスプローラーは、メトリクスを Datadog で調査するための基本のインターフェースです。より高度なオプションを使用するには、ノートブックまたはダッシュボード(スクリーンボードタイムボード)を作成します。

グラフ

Graph テキストボックス内をクリックすると、Datadog に送信したすべてのメトリクスがリストされます。テキストボックスに入力してメトリクスを絞り込んでから、メトリクスをクリックして選択します。選択したメトリクスに対して、ページの右側にグラフがリアルタイムで作成されます。

グラフの上部で、タイムフレームとグラフのサイズを指定できます。

: Calculate as count where applicable チェックボックスは、RATE タイプのメトリクスに表示されます。

スコープ

Over テキストボックスでタグの値を選択または検索すると、スコープを定義できます。たとえば、Over テキストボックスを使用して、メトリクスの値を特定のホスト、クラスター、環境、リージョンなどで絞り込むことができます。

グループ化

One graph per テキストボックスでタグキーを選択または検索すると、グループ化を定義できます。たとえば、1 つのメトリクスをホスト、コンテナ、リージョン、環境などに基づいて複数のグラフに分けることができます。<キー>:<値> の形式でタグ付けされたメトリクスをグループ化できます。

空間集計

On each graph, aggregate with the テキストボックスで、メトリクス値の結合に使用する空間集計を定義できます。以下のオプションを使用できます。

  • 報告された値の平均値(デフォルト)
  • 報告された値の最大値
  • 報告された値の最小値
  • 報告された値の合計値

: これらのオプションは、選択したメトリクスのタイプによって変わります。

オプション

メトリクスエクスプローラーの以下のオフションを変更できます。

  • グラフタイトルのプレフィックスを <VALUE> で指定します。デフォルトは空白です。
  • 同時に表示されるグラフの数を <NUMBER> で指定します。デフォルトは 20 です。

エクスポート

左下のボタンを使用し、すべてのグラフを新規または既存のタイムボードにエクスポートできます。グラフを個別にエクスポートするには、各グラフの右上に表示されるエクスポートアイコンをクリックします。

スナップショット

グラフの右上にあるカメラアイコンをクリックすると、各グラフのスナップショットを作成できます。

その他の参考資料