高度なフィルタリング

高度なフィルタリング

概要

メトリクスエクスプローラー、モニター、ダッシュボード、またはノートブックを使用してメトリクスデータをクエリするかどうかに関係なく、データをフィルタリングして、返される時系列のスコープを絞り込むことができます。メトリクスの右側にある from ドロップダウンを使用して、任意のメトリクスをタグでフィルタリングできます。

ブールまたはワイルドカードタグ値フィルターを使用して高度なフィルタリングを実行することもできます。

ブールでフィルタリングされたクエリ

次の構文は、ブールでフィルタリングされたメトリクスクエリでサポートされています。

  • !
  • ,
  • NOT, not
  • AND, and
  • OR, or
  • IN, in
  • NOT IN, not in

ブールでフィルタリングされたクエリの例

avg:system.cpu.user{env:staging AND (availability-zone:us-east-1a OR availability-zone:us-east-1c)} by {availability-zone}
avg:system.cpu.user{env:shop.ist AND availability-zone IN (us-east-1a, us-east-1b, us-east4-b)} by {availability-zone}
例 2

ワイルドカードでフィルタリングされたクエリ

タグ値のプレフィックスとサフィックスのワイルドカードマッチングがサポートされています。

  • pod_name: web-*
  • cluster:*-trace.

ワイルドカードでフィルタリングされたクエリの例

avg:system.disk.in_use{!device:/dev/loop*} by {device}
例 1
sum:kubernetes.pods.running{service:*-canary} by {service}

その他の参考資料