検索構文

検索構文

クエリフィルターは条件と演算子で構成されます。

条件には 2 種類あります。

  • 単一条件は、1 つの単語です (testhello など)。

  • シーケンスは、二重引用符で囲まれた単語のグループです ("hello dolly" など)。

複合クエリで複数の条件を組み合わせるには、以下のブール演算子を使用します。

演算子説明
AND: 両方の条件を含むイベントが選択されます (何も追加しなければ、AND がデフォルトで採用されます)。authentication AND failure
OR: いずれかの条件を含むイベントが選択されます。authentication OR password
-排他: 後続の条件はイベントに含まれません。authentication AND -password

オートコンプリート

検索バーのオートコンプリート機能を使用すると、既存の値を使用してクエリを完成させることができます。

特殊文字のエスケープ

+ - = && || > < ! ( ) { } [ ] ^ " ~ * ? : \、および / は特殊文字と見なされ、\ 文字を使用してエスケープする必要があります。

: これらの文字はエスケープできますが、ログ検索の結果には表示されません。特殊文字を検索する場合は、対象の文字の属性値を Grok パーサーでパースし、その属性を含むログを検索します。

属性検索

メッセージ属性検索

メッセージ属性に user=JaneDoe を含むログを見つけるには、次の検索を使用します。

user\=JaneDoe

ファセット検索

特殊な属性を検索するには、まずそれをファセットとして追加し、@ を追加してファセットを検索していることを明確にします。

たとえば、ファセット名が url で、url の値 www.datadoghq.com で絞り込む場合は、次のように入力します。

@url:www.datadoghq.com

:

  1. ファセット検索では大文字と小文字が区別されます。大文字と小文字を区別したくない場合はフリーテキスト検索を使用してください。または、Grok パーサーでのパース実行中に lowercase フィルターを適用すれば、文字の種類に関わらない検索結果を得ることができます。

  2. 特殊文字を含むファセット値を検索するには、エスケープ処理または二重引用符が必要です。 たとえば、値が hello:world のファセット my_facet は、@my_facet:hello\:world または @my_facet:"hello:world" を使用して検索します。 単一の特殊文字またはスペースに一致させるには、? ワイルドカードを使用します。たとえば、値が hello world のファセット my_facet は、@my_facet:hello?world を使用して検索します。

例:

検索クエリ説明
@http.url_details.path:"/api/v1/test"属性 http.url_details.path/api/v1/test と一致するすべてのログを検索します。
@http.url:\/api\/v1\/*属性 http.url に、/api/v1/ で始まる値を含むすべてのログを検索します。
@http.status_code:[200 TO 299] @http.url_details.path:\/api\/v1\/*200 から 299 の http.status_code 値を含み、http.url_details.path 属性に /api/v1/ で始まる値を含むすべてのログを検索します。

ワイルドカード

複数文字のワイルドカード

複数文字のワイルドカード検索を実行するには、* 記号を次のように使用します。

  • service:web* は、web で始まるサービスを持つすべてのログメッセージに一致します。
  • web* は、web で始まるすべてのログメッセージに一致します。
  • *web は、web で終わるすべてのログメッセージに一致します。

ワイルドカード検索は、この構文を使用してファセット内で機能します。次のクエリは、文字列 mongo で終わるすべてのサービスを返します。

service:*mongo

ワイルドカード検索は、ファセットに含まれないログのプレーンテキスト内の検索にも使用できます。次のクエリは、文字列 NETWORK を含むすべてのログを返します。

*NETWORK*

ただし、この検索条件は、ファセット内に文字列 NETWORK を含み、ログメッセージには含まれない場合はログを返しません。

ワイルドカードを検索

特殊文字を含むファセット値を検索する場合、またはエスケープまたは二重引用符を必要とする場合は、? ワイルドカードを使用して単一の特殊文字またはスペースに一致させます。たとえば、値が hello world のファセット my_facet を検索するには: @my_facet:hello?world

数値

<><=、または >= を使用して、数値属性の検索を実行します。たとえば、100ms を超える応答時間を持つすべてのログを取得するには、次のようにします。

@http.response_time:&gt;100

特定の範囲内にある数値属性を検索することができます。たとえば、4xx エラーをすべて取得するには、次のようにします。

@http.status_code:[400 TO 499]

タグ

ログは、タグを生成するホストインテグレーションからタグを引き継ぎます。これらも、ファセットとして検索で使用できます。

  • test は文字列「test」を検索します。
  • env:(prod OR test) は、タグ env:prod またはタグ env:test を含むすべてのログに一致します。
  • (env:prod AND -version:beta) は、タグ env:prod を含み、タグ version:beta は含まないすべてのログに一致します。

タグがタグのベストプラクティスに従わず、key:value 構文も使用していない場合は、次の検索クエリを使用します。

  • tags:<MY_TAG>

配列

文字列または数字の配列にファセットを追加できます。配列に含まれるすべての値がこのファセット内にリストされ、ログの検索に使用できます。

次の例では、ファセットで Peter 値をクリックすると、users.names 属性の値が Peter であるか、Peter を含む配列であるすべてのログが返されます。

検索の保存

保存ビューに、検索クエリ、列、対象期間、およびファセットが格納されます。

その他の参考資料