処理

処理

概要

ログコンフィギュレーションのページで、ログの処理方法を制御します。

パイプラインおよびプロセッサーは、あらゆるタイプのログに適用できます。ロギングコンフィギュレーションを変更したり、サーバー側の処理ルールに変更をデプロイする必要もありません。すべての処理は、パイプラインコンフィギュレーションページで構成できます。

ログの処理戦略を実装すると、オーガニゼーションに属性命名規則を適用できるというメリットがあります。

カスタムログ

カスタム処理ルールを定義し、ログ形式をカスタマイズできます。任意のログ構文を使用してすべての属性を抽出し、必要に応じてグローバルな属性や標準的な属性に再マップします。

たとえば、カスタム処理ルールで以下ログを変更できます。

以下のように変換できます。

パイプラインフィルターを使用して、ログの一部にのみアクションを実行する方法については、パイプラインに関するドキュメントを参照してください。

利用可能なプロセッサーのリストについては、プロセッサーに関するドキュメントを参照してください。

パース機能に関する詳細は、パースの関するドキュメントをご参照ください。パースのベストプラクティスパースのトラブルシューティングのためのガイドもあります。

:

  • ログ管理ソリューションを最適にご利用いただくため、Datadog では Grok プロセッサー内でパイプラインごとに最大 20 件のプロセッサーおよび 10 個のパース規則を使用することをおすすめします。

  • Datadog はサービスのパフォーマンスに悪影響を与える可能性のあるパース規則、プロセッサー、パイプラインを無効化する権利を有しています。

パイプラインの処理

パイプライン処理では、受信ログの一部を絞り込んで取得し、それらに一連のプロセッサーを順次適用します。JSON ログおよびインテグレーションパイプラインの処理に関する詳細は、ログパイプラインに関するドキュメントを参照してください。

その他の参考資料