Android ログの収集

Android ログの収集

Datadog の dd-sdk-android クライアント側ロギングライブラリを使用すると、Android アプリケーションから Datadog へログを送信すると共に、次の機能を利用できます。

  • Datadog に JSON 形式でネイティブに記録。
  • 送信される各ログに context およびカスタム属性を追加する。
  • Java/Kotlin がキャッチした例外を転送します。
  • 実際のクライアント IP アドレスとユーザーエージェントを記録する。
  • 自動一括ポストによってネットワークの利用を最適化する。

セットアップ

  1. build.gradle ファイルでライブラリを依存関係として宣言し、Gradle 依存関係を追加します。

    repositories {
        maven { url "https://dl.bintray.com/datadog/datadog-maven" }
    }
    
    dependencies {
        implementation "com.datadoghq:dd-sdk-android:x.x.x"
    }
    
  2. アプリケーションコンテキストと追跡に関する同意、Datadog クライアントトークン、そして Datadog UI で新しい RUM アプリケーションを作成したときに生成されたアプリケーション ID で、ライブラリを初期化します(詳細は、Android の RUM データを収集を参照)。セキュリティ上の理由から、クライアントトークンを使用する必要があります。API キーがクライアント側の Android アプリケーションの APK バイトコードで公開されてしまうため、Datadog API キーを使用して dd-sdk-android ライブラリを構成することはできません。クライアントトークンの設定に関する詳細は、クライアントトークンに関するドキュメントを参照してください。

     class SampleApplication : Application() {
         override fun onCreate() {
             super.onCreate()
             val configuration = Configuration.Builder().build()
             val credentials = Credentials(<CLIENT_TOKEN>,<ENV_NAME>,<APP_VARIANT_NAME>,<APPLICATION_ID>)
             Datadog.initialize(this, credentials, configuration, trackingConsent)
         }
     }
    
    class SampleApplication : Application() {
        override fun onCreate() {
           super.onCreate()
           val configuration = Configuration.Builder()
              .useEUEndpoints()
              .build()
           val credentials = Credentials(<CLIENT_TOKEN>,<ENV_NAME>,<APP_VARIANT_NAME>,<APPLICATION_ID>)
           Datadog.initialize(this, credentials, configuration, trackingConsent)
        }
    }
    

    GDPR 規制を遵守するため、SDK は初期化時に追跡に関する同意を求めます。 追跡に関する同意は以下のいずれかの値で示されます。

    • TrackingConsent.PENDING: SDK はデータの収集とバッチ処理を開始しますが、データ 収集エンドポイントへの送信は行われません。SDK はバッチ処理が完了したデータをどうするかについての新たな同意値が得られるまで待機します。
    • TrackingConsent.GRANTED: SDK はデータの収集を開始し、それをデータ収集エンドポイントに送信します。
    • TrackingConsent.NOT_GRANTED: SDK がデータを収集することはありません。手動でログやトレース、 RUM イベントを送信することもできません。

    SDK の初期化後に追跡に関する同意を更新する場合は、 Datadog.setTrackingConsent(<NEW CONSENT>) を呼び出してください。 SDK は新しい同意に応じて動作を変更します。たとえば、現在の同意内容が TrackingConsent.PENDING で、それを

    • TrackingConsent.GRANTED に更新した場合: SDK は現在のバッチデータと将来的なデータをすべてデータ収集エンドポイントに直接送信します。
    • TrackingConsent.NOT_GRANTED: SDK はすべてのバッチデータを消去し、以後のデータも収集しません。

    初期化に必要な認証情報では、アプリケーションのバリアント名も必要となることにご注意ください。これは適切な Proguard mapping.txt ファイルを有効化し、ビルド時の自動アップロードを行うために重要です。この操作により、Datadog ダッシュボードがスタックトレースの難読化を解除できるようになります。

    ユーティリティメソッド isInitialized を使用して SDK が適切に初期化されていることを確認します。

     if(Datadog.isInitialized()){
         // your code here
     }
    

    アプリケーションを書く際、setVerbosity メソッドを呼び出すことで開発ログを有効にできます。指定したレベル以上の優先度を持つライブラリ内のすべての内部メッセージが Android の Logcat に記録されます。

    Datadog.setVerbosity(Log.INFO)
    
  3. Android ロガーの構成:

    val logger = Logger.Builder()
        .setNetworkInfoEnabled(true)
        .setLogcatLogsEnabled(true)
        .setDatadogLogsEnabled(true)
        .setBundleWithTraceEnabled(true)
        .setLoggerName("<LOGGER_NAME>")
        .build();
    
  4. 次のいずれかの関数で、カスタムログエントリを Datadog に直接送信します。

    logger.d("A debug message.")
    logger.i("Some relevant information ?")
    logger.w("An important warning…")
    logger.e("An error was met!")
    logger.wtf("What a Terrible Failure!")
    

    キャッチされた例外はメッセージで送信できます。

    try {
        doSomething()
    } catch (e : IOException) {
        logger.e("Error while doing something", e)
    }
    

    : すべてのロギングメソッドに Throwable をアタッチすることができます。

  5. (任意) - ログメッセージと一緒にマップを提供し、発行されたログに属性を追加します。マップの各エントリーは属性として追加されます。

    logger.i("onPageStarted", attributes = mapOf("http.url", url))
    

    Java では次のようにします。

    Logger.d(
            "onPageStarted",
            null,
            new HashMap<String, Object>() {{
                put("http.url", url);
            }}
    );
    

高度なロギング

ライブラリの初期化

ライブラリを初期化するよう Datadog のコンフィギュレーションを作成する際、DatadogConfig.Builder の以下のメソッドを使用できます。

メソッド説明
setServiceName(<サービス名>)Datadog に送信されるすべてのログに添付される service 標準属性 のデフォルト値として <SERVICE_NAME> を設定します(各ロガーで上書きすることが可能です)。
setLogsEnabled(true)Datadog へのログ送信を有効にするには、true に設定します。
addPlugin(DatadogPlugin, Feature)特定の機能 (CRASH、LOG、TRACE、RUM) についてのプラグインの実装を追加します。プラグインはこの機能の初期化に伴い登録され、機能が停止すると登録解除されます。

ロガーの初期化

ログを Datadog に送信するようにロガーを初期化する際に、Logger.Builder の次のメソッドを使用できます。

メソッド説明
setNetworkInfoEnabled(true)すべてのログに network.client.connectivity 属性を追加します。デフォルトで記録されるデータには、connectivity (Wifi3G4G…) と carrier_name (AT&T - US)です。carrier_name は Android API レベル 28 以降でのみ利用できます。
setServiceName(<サービス名>)Datadog に送信されるすべてのログに添付される service 標準属性 の値として <サービス名> を設定します。
setLogcatLogsEnabled(true)Logcat をロガーとして使用するには、true とします。
setDatadogLogsEnabled(true)Datadog にログを送信するには、true とします。
setBundleWithTraceEnabled(true)アプリケーションでアクティブなトレースとログをバンドルするには、true (デフォルト) に設定します。このパラメーターにより、Datadog ダッシュボードを使い指定されたトレース中に送信されたすべてのログを表示できます。
setBundleWithRumEnabled(true)アプリケーションで現在の RUM コンテキストとログをバンドルするには、true (デフォルト) に設定します。このパラメーターにより、Datadog RUM Explorer 使い指定されたビューがアクティブの間に送信されたすべてのログを表示できます。
setLoggerName(<ロガー名>)Datadog に送信されるすべてのログに添付される logger.name 標準属性の値として <ロガー名> を設定します。
setVerbosity(Log.INFO)ロガーの詳細度を設定します。指定したレベル以上の優先度を持つライブラリ内のすべての内部メッセージがAndroid の Logcat に記録されます。
```swift
Datadog.verbosityLevel = .debug
```                                                                                                       |

| setSampleRate(<サンプルレート>) | このロガーのサンプリングレートを設定します。ロガーインスタンスが生成するすべてのログは、指定されたサンプリングレートに従いランダムにサンプリングされます (デフォルト 1.0 = すべてのログ)。: Logcat ログはサンプリングされません。 | | build() | すべてのオプションを設定して新しいロガーインスタンスをビルドします。 |

グローバルコンフィギュレーション

指定されたロガーから送信されるすべてのログにタグと属性を追加/削除する関数を以下に記します。

グローバルタグ

タグを追加

addTag("<タグキー>"","タグの値") 関数を使い、指定されたロガーから送信されるすべてのログにタグを追加します。

// これにより、"build_type:debug" タグまたは "build_type:release" タグが適宜追加されます
logger.addTag("build_type", BuildConfig.BUILD_TYPE)

// これにより、"device:android" タグが追加されます
logger.addTag("device", "android")

注意: <タグの値> は文字列でなければなりません。

タグを削除

removeTagsWithKey("<タグキー>") 関数を使い、指定されたロガーから送信されるすべてのログからタグを削除します。

// これにより "build_type" で始まるすべてのタグが削除されます
logger.removeTagsWithKey("build_type")

Datadog タグに関する詳細

グローバル属性

属性を追加

デフォルトで、ロガーにより送信されるすべてのログに次の属性が追加されます。

  • http.useragent と抽出された deviceOS プロパティ
  • network.client.ip と抽出された地理的プロパティ (country, city)

addAttribute("<属性キー>", "<属性の値>") 関数を使い、指定されたロガーから送信されるすべてのログにカスタム属性を追加します。

// これにより整数値を持つ "version_code" 属性が追加されます
logger.addAttribute("version_code", BuildConfig.VERSION_CODE)

// これにより文字列値を持つ "version_name" 属性が追加されます
logger.addAttribute("version_name", BuildConfig.VERSION_NAME)

: <属性の値> にはプリミティブ、文字列、日付を使用できます。

属性を削除

removeAttribute("<属性キー>", "<属性の値>") 関数を使い、指定されたロガーから送信されるすべてのログからカスタム属性を削除します。

// これにより、"version_code" 属性は今後送信されるすべてのログから削除されます。
logger.removeAttribute("version_code")

// これにより、"version_name" 属性は今後送信されるすべてのログから削除されます。
logger.removeAttribute("version_name")

バッチコレクション

すべてのログは、最初にローカルデバイスにバッチで格納されます。各バッチはインテークの仕様に従います。ネットワークが利用可能で、Datadog SDK がエンドユーザーのエクスペリエンスに影響を与えないようにバッテリーの残量が十分にあれば、バッチはすぐに送信されます。アプリケーションがフォアグラウンドにあるときにネットワークが利用できない場合、またはデータのアップロードが失敗した場合、バッチは正常に送信されるまで保持されます。

つまり、ユーザーがオフラインでアプリケーションを開いても、データが失われることはありません。

ディスク上のデータは、古すぎる場合は SDK がディスク容量を使いすぎないようにするために自動的に破棄されます。

拡張

Timber

既存のコードベースが Timber を使用している場合、専用ライブラリ を使用してすべてのログを自動的に Datadog へ転送できます。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: