保存ビュー

保存ビュー

概要

効率的にトラブルシューティングするには、原因などを探索できるようデータが適切なスコープにあること、有意義な情報を表面化できるようデータに表示オプションへのアクセスがあること、そして分析に利用できる関連**ファセット**があること、が必要です。

トラブルシューティングには、コンテキストが大変重要です。チームは、保存ビューを使用してさまざまなトラブルシューティングのコンテキストを簡単に切り替えることができます。保存ビューには、ログエクスプローラーの左上からアクセスできます。

保存ビューでは、以下を追跡します。

デフォルトのビュー

既存のログエクスプローラービューが、デフォルトの保存ビューになります。このコンフィギュレーションは、ユーザー本人のみがアクセスし表示できます。このコンフィギュレーションを更新しても、組織には何の影響もありません。

デフォルトの保存ビューは、UI でアクションを完了するか、別のコンフィギュレーションが埋め込まれたログエクスプローラーへのリンクを開くことで、一時的に上書きすることが可能です。

Views パネルのデフォルト保存ビューエントリからは、いつでも以下のアクションが可能です。

  • エントリをクリックして、デフォルトビューをリロード
  • 現在のパラメーターでデフォルトビューを更新
  • デフォルトビューを Datadog のデフォルトにリセットして再起動。

保存済みビュー

デフォルトの保存ビュー以外のすべての保存ビューは、組織全体で共有されます。

  • Datadog のログ管理インテグレーション のほとんどには、すぐに使用できるインテグレーション保存ビューが含まれています。これは読み取り専用で、インテグレーションのロゴで識別されます。
  • カスタム保存ビュー は、ユーザーにより作成されます。組織内のユーザーが誰でも編集でき(読み取り専用ユーザーを除く)、作成したユーザーのアバターで識別されます。エクスプローラーの既存のコンテンツからカスタム保存ビューを新規作成するには、save ボタンを押します。

Views パネルの保存ビューエントリからは、いつでも以下のアクションが可能です。

  • 保存ビューをロードまたはリロード
  • 現在のビューのコンフィギュレーションで保存ビューを更新
  • 保存ビューの名前を変更または削除
  • ショートリンクを使用して保存ビューを共有
  • 保存ビューにスターを付けて、保存ビューリストの先頭に表示。ナビゲーションメニューから直接アクセス可能になります。

: インテグレーションの保存ビューおよび読み取り専用ユーザーには、アクションの更新、名前変更、および削除は無効になっています。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: