ログパターン
Dash が新機能を発表!インシデントマネジメント、Continuous Profiler など多数の機能が追加されました! Dash イベントで発表された新機能!

ログパターン

概要

大量のログデータを調査するには、膨大な時間がかかることがあります。調査に数時間かけても、ログの一部しか解析できないこともあります。しかし、アプリケーションログの内容は、一部が異なるだけで、ほかはほぼ同じであることがよくあります。これを_パターン_と呼びます。

ログエクスプローラーでは、パターンを自動的に表面化し、問題を浮き彫りにすることができます。これは、重要な事項をすばやく明らかにすると共に、無関係な事項を除外します。

パターンビューは、他の問題を見逃すことがないように、ノイズが多いエラーパターンを検出してフィルタリングするために役立ちます。パターンと一致するログの数が、サービスやステータスに基づいて分割されて表示されます。

ログの傾向と新しいパターンの表示

パターンビューに切り替えると、選択したコンテキストに対して Log Patterns が自動的に表示されます。コンテキストは、タイムレンジと検索クエリで構成されます。各パターンは、特徴的な性状をすぐに把握できるように、ハイライト付きで表示されます。

  • ミニグラフには、ログ量が大まかなタイムラインで表示され、そのパターンが他のパターンとどのように異なるかを特定するために役立ちます。
  • パターンの中で変化があるログセクションはハイライトされ、ログ行間の違いをすばやく特定できます。

パターンをクリックすると、そこに含まれるログのサンプルが表示され、最終的には 1 つのログ単位で表示できます。

: パターンは、10,000 個のログサンプルに基づいて検出されます。ログを一部分に制限してパターンを表示するには、検索を絞り込みます。

パターンアクション

パターンを選択するとコンテキストパネルが開き、そこに含まれるログのサンプルが表示されます。右上にボタンが 3 個表示されます。

  • Parsing Rule: このパターンに関連付けられた、自動生成されたパース規則を表示(下図参照)。
  • View All: パターンクエリに一致するすべてのログを表示。
  • Graph: このパターンの経時的な動きをグラフ化。

その他の参考資料