Zebrium RCaaS

Supported OS Linux Mac OS Windows

概要

問題が発生していることは分かっていても、その原因が分からない場合に、Zebrium は Datadog のダッシュボード上に直接根本原因を表示します。手動でのトレーニングやルールの設定を必要とせず、ログを機械学習することで動作し、24 時間以内に精度を達成します。

Zebrium の使い方は簡単です。トラブルシューティングの際には、Datadogの ダッシュボードに Zebrium アプリを追加し、対応する検出の詳細を見るだけです。

Zebrium は、2 つの方法で Datadog と統合します。1) カスタムダッシュボードウィジェットを持つ Datadog アプリと 2) イベントとメトリクスインテグレーションです。

1) Datadog アプリ

Zebrium アプリは、検出された問題を時系列で表示し、これらの問題の根本原因 (および関連メトリクス) を掘り下げることができる、あらかじめ構築された対話型のダッシュボードウィジェットを提供します。この方法は、最もシンプルなユーザーエクスペリエンスを提供します。

2) イベントとメトリクスインテグレーション

インテグレーションにより、Zebrium の検出イベントとメトリクスが Datadog に直接送信されます。それらを好きなように視覚化することができます (サンプルダッシュボードを提供)。この方法は、Zebrium のデータをダッシュボードに表示する方法をカスタマイズしたい場合に使用します。

セットアップ

イベントとメトリクスインテグレーション

Zebrium のイベントメトリクスインテグレーションは、Datadog API キーを使用し、Datadog の管理者が作成する必要があります。Datadog API キーを取得したら、Zebrium の Datadog インテグレーションに関するドキュメント を参照して、Zebrium のイベントおよびメトリクスを Datadog に統合するための設定方法を学びます。

ダッシュボードウィジェット

  1. このパネルの右上にある Install Integration をクリックします。
  2. 既存の Datadog ダッシュボードに移動するか、新しいダッシュボードを作成します。
  3. Add Widgets ボタンを押すと、ウィジェットドローワが表示されます。
  4. ウィジェットドロワー内の Apps セクションで Zebrium を 検索します。
  5. Zebrium Root Cause Finder ウィジェットアイコンをクリックまたはドラッグして、Datadog ダッシュボードに追加します。
  6. 新しいブラウザのタブで Zebrium UI を開き、デプロイメント用のアクセストークンを作成します。
    • Zebrium UI の右上にあるハンバーガーメニューを選択し、Access Tokens を選択します。
    • Add Access Token ボタンをクリックし、トークンの名前を指定し、トークンのデプロイメントを選択し、ロールを viewer に設定します。
    • Add をクリックし、トークンをクリップボードにコピーします。
  7. Datadog UI のウィジェットエディタで、以下の情報を入力します。
    • API Endpoint: Zebrium インスタンスのルートへの絶対 URL です。通常は https://cloud.zebrium.com です。
    • Token: 上記手順 6 で作成したトークンを貼り付けます。
    • Service Group: データを表示するサービスグループの名前です。または ‘All’ を入力すると、このデプロイメントのすべてのサービスグループのデータが表示されます。
  8. オプションでウィジェットのタイトルを指定します。
  9. Save を押して、Datadog ダッシュボードウィジェットの構成を完了します。

サポート

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問い合わせください。

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事: