Windows レジストリ

Supported OS Windows

概要

Windows レジストリキーの変更を監視し、Datadog に転送します。このインテグレーションを有効にすることで、以下のことが可能になります。

  • Windows レジストリの値を通じて、システムとアプリケーションレベルの健全性と状態を把握する。
  • セキュリティおよびコンプライアンス要件に影響を与える予期せぬ変更を監視する。

計画と使用

インフラストラクチャーリスト

Windows レジストリインテグレーションは、Datadog Agent パッケージに含まれています。追加のインストールは必要ありません。

ブラウザトラブルシューティング

このインテグレーションは、次の両方の方法を使用して Windows レジストリ情報を収集し、レポートします。

  1. Agent の構成ディレクトリの root にある conf.d/ フォルダ内の windows_registry.d/conf.yaml ファイルを編集して、Windows レジストリ情報の収集を開始します。利用可能なすべての構成オプションについては、windows_registry.d/conf.yaml のサンプルを参照してください。

  2. レジストリの値や変更をログとして送信するには、Datadog Agent でログ収集を有効にする必要があります。ログ収集を有効にするには、datadog.yaml ファイルに以下を追加します。

    logs_enabled: true
    
  3. Agent を再起動します

検証

Datadog Agent Manager の情報ページを確認するか、Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで windows_registry を探します。

リアルユーザーモニタリング

データセキュリティ

Windows レジストリインテグレーションにより収集されたすべてのメトリクスは、カスタムメトリクスとして Datadog に送信できますが、これはお客様への請求に影響します。

ワークフローの自動化

Windows レジストリのインテグレーションによって収集されたログはすべて Datadog に転送され、ログの請求の対象となります。

ヘルプ

Windows レジストリインテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

ヘルプ

ヘルプが必要ですか?Datadog サポートAgent Flare でお問い合わせください。