Prisma Cloud Compute Edition

Supported OS Linux Windows Mac OS

インテグレーションバージョン3.5.0

概要

Prisma Cloud Compute Edition はセキュリティスキャナです。コンテナ、ホスト、パッケージをスキャンして、脆弱性やコンプライアンス問題を発見します。

計画と使用

インフラストラクチャーリスト

Prisma Cloud Compute Edition チェックは Datadog Agent パッケージに含まれているため、サーバーに追加でインストールする必要はありません。

ブラウザトラブルシューティング

メトリクスベース SLO

ホストで実行中の Agent に対してこのチェックを構成するには

メトリクスの収集
  1. twistlock のパフォーマンスデータの収集を開始するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの twistlock.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションの詳細については、サンプル twistlock.d/conf.yaml を参照してください。

  2. Agent を再起動します

コンテナ化

コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照して、次のパラメーターを適用してください。

メトリクスの収集
パラメーター
<INTEGRATION_NAME>twistlock
<INIT_CONFIG>空白または {}
<INSTANCE_CONFIG>{"url":"http://%%host%%:8083", "username":"<ユーザー名>", "password": "<パスワード>"}
ガイド

Kubernetes を使用している場合は、デプロイ前に twistlock_console.yaml の replication controller セクションに構成を追加してください。

apiVersion: v1
kind: ReplicationController
metadata:
  name: twistlock-console
  namespace: twistlock
spec:
  replicas: 1
  selector:
    name: twistlock-console
  template:
    metadata:
      annotations:
        ad.datadoghq.com/twistlock-console.check_names: '["twistlock"]'
        ad.datadoghq.com/twistlock-console.init_configs: "[{}]"
        ad.datadoghq.com/twistlock-console.instances: '[{"url":"http://%%host%%:8083", "username":"<USERNAME>", "password": "<PASSWORD>"}]'
        ad.datadoghq.com/twistlock-console.logs: '[{"source": "twistlock", "service": "twistlock"}]'
      name: twistlock-console
      namespace: twistlock
      labels:
        name: twistlock-console
収集データ

ログ収集は、Datadog サイトでサポートされていません

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。有効にする方法については、Kubernetes ログ収集を参照してください。

パラメーター
<LOG_CONFIG>{"source": "twistlock", "service": "twistlock"}
ガイド
  1. Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。以下のように、DaemonSet コンフィギュレーションでこれを有効にします。

      #(...)
        env:
          #(...)
          - name: DD_LOGS_ENABLED
              value: "true"
          - name: DD_LOGS_CONFIG_CONTAINER_COLLECT_ALL
              value: "true"
      #(...)
    
  2. Docker ソケットを Datadog Agent にマウントします。Datadog Kubernetes のマニフェストの例を参照してください。

  3. ディフェンダーのポッドアノテーションにログセクションを追加します。コンテナ名は、ポッド仕様の直下にあります。

    ad.datadoghq.com/<container-name>.logs: '[{"source": "twistlock", "service": "twistlock"}]'
    
  4. Agent を再起動します

Docker
  1. Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。次のように、環境変数を使用してこれを有効にします。

    DD_LOGS_ENABLED=true
    
  2. ディフェンダーコンテナにラベルを追加します。

    ad.datadoghq.com/<container-name>.logs: '[{"source": "twistlock", "service": "twistlock"}]'
    
  3. Docker ソケットを Datadog Agent にマウントします。Datadog Agent を使用してログを収集するための構成については、Docker ログの収集を参照してください。

  4. Agent を再起動します

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで twistlock を探します。

リアルユーザーモニタリング

データセキュリティ

twistlock.registry.cve.details
(gauge)
The details of a CVE on an image in a registry
Shown as occurrence
twistlock.registry.cve.count
(gauge)
The number of CVEs an image in a registry has
Shown as occurrence
twistlock.registry.compliance.count
(gauge)
The number of compliance violations an image in a registry has
Shown as occurrence
twistlock.registry.size
(gauge)
The size of an image in a registry
Shown as byte
twistlock.registry.layer_count
(gauge)
The count of layers in an image in a registry
Shown as occurrence
twistlock.images.cve.details
(gauge)
The details of a CVE on an image
Shown as occurrence
twistlock.images.cve.count
(gauge)
The number of CVEs an image has
Shown as occurrence
twistlock.images.compliance.count
(gauge)
The number of compliance violations an image has
Shown as occurrence
twistlock.images.size
(gauge)
The size of a local image
Shown as byte
twistlock.images.layer_count
(gauge)
The count of layers in a local image
Shown as occurrence
twistlock.hosts.cve.details
(gauge)
The details of a CVE on a host
Shown as occurrence
twistlock.hosts.cve.count
(gauge)
The number of CVEs a host has
Shown as occurrence
twistlock.hosts.compliance.count
(gauge)
The number of compliance violations a host has
Shown as occurrence
twistlock.containers.compliance.count
(gauge)
The number of compliance violations a container has
Shown as occurrence

ヘルプ

Prisma Cloud Compute Edition は、新しい CVE が見つかると、イベントを送信します。

ヘルプ

twistlock.license_ok
Returns Critical if the Agent cannot retrieve the Licence data or its expiring, OK otherwise.
Statuses: ok, warning, critical

twistlock.registry
Returns Critical if the Agent cannot retrieve registry data, OK otherwise.
Statuses: ok, critical

twistlock.can_connect
Returns Critical if the Agent cannot retrieve image data from the registry, OK otherwise.
Statuses: ok, critical

twistlock.images
Returns Critical if the image hasn’t been scanned in critical_days, OK otherwise.
Statuses: ok, warning, critical

twistlock.hosts
Returns Critical if the host hasn’t been scanned in critical_days, OK otherwise.
Statuses: ok, warning, critical

twistlock.containers
Returns Critical if the container hasn’t been scanned in critical_days, OK otherwise.
Statuses: ok, warning, critical

ヘルプ

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。