Sendmail

Supported OS Linux

Integrationv1.0.0

概要

このチェックは、Datadog Agent を通じて Sendmail を監視します。

セットアップ

Sendmail チェックは Datadog Agent パッケージに含まれていないため、お客様自身でインストールする必要があります。

インストール

Agent v7.21 / v6.21 以降の場合は、下記の手順に従い Sendmail チェックをホストにインストールします。Docker Agent または 上記バージョン以前の Agent でインストールする場合は、コミュニティインテグレーションの使用をご参照ください。

  1. 以下のコマンドを実行して、Agent インテグレーションをインストールします。

    datadog-agent integration install -t datadog-sendmail==<INTEGRATION_VERSION>
    
  2. コアのインテグレーションと同様にインテグレーションを構成します。

コンフィギュレーション

  1. sendmail のパフォーマンスデータの収集を開始するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの sendmail.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションの詳細については、サンプル sendmail.d/conf.yaml を参照してください。

  2. Agent を再起動します

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで sendmail を探します。

収集データ

メトリクス

sendmail.queue.size
(gauge)
The number of messages in a given mail queue
Shown as unit

イベント

Sendmail には、イベントは含まれません。

サービスのチェック

sendmail.returns.output
Returns CRITICAL if there is an error when calling the Sendmail. Returns OK otherwise.
Statuses: ok, critical

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。