ScadaMods Kepserver

Supported OS Windows

概要

Scadamods Kepserver インテグレーションは、チャンネル、デバイス、タグへのあらゆる変更を監視します。このインテグレーションは、Kepserver イベントログからイベントのストリームを提供し、Datadog ダッシュボード上でリアルタイムにイベントを確認することができます。Kepserver の Configuration API を通じて、このインテグレーションは各 Kepserver インスタンスに実装されたチャンネル、デバイス、タグのコンフィギュレーションを確認するための詳細を収集します。

収集データ

メトリクス

scadamods.kepserver.configured.devices.count
(gauge)
The count of all tags configured in the devices
scadamods.kepserver.configured.channels.count
(gauge)
The count of all tags configured in the channels
scadamods.kepserver.configured.tags.count
(gauge)
The count of all tags configured in the project.
scadamods.kepserver.system.total_tag_count
(gauge)
The _TotalTagCount tag indicates the total number of tags that are currently being accessed. These tags can be active or inactive.Note:This count does not represent the number of tags configured in the project.
scadamods.kepserver.system.active_tag_count
(gauge)
The _ActiveTagCount tag indicates the number of tags that are currently active in the server.
scadamods.kepserver.system.client_count
(gauge)
The _ClientCount tag indicates the number of clients that are currently connected to the server.
scadamods.kepserver.statistics.successful_reads
(gauge)
The _SuccessfulReads tag contains a count of the number of reads this channel has completed successfully since the start of the application or since the last time the _Reset tag was invoked. This tag is formatted as unsigned 32-bit integer and will eventually rollover. This tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.successful_writes
(gauge)
The _SuccessfulWrites tag contains a count of the number of writes this channel has completed successfully since the start of the application or since the last time the _Reset tag was invoked. This tag is formatted as an unsigned 32-bit integer and will eventually rollover. This tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.failed_reads
(gauge)
The _FailedReads count of the num of reads this chan. has failed to complete since the start of app or since _Reset tag was invoked. Incremented after the channel has failed the request. This tag is formatted as an unsigned 32-bit integer and will eventually rollover. This tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.failed_writes
(gauge)
The _FailedWrites count of the num of writes this chan. has failed to complete since the start of the app _Reset tag was invoked. Incremented after the channel has failed the request. This tag is formatted as unsigned 32-bit integer and will eventually rollover. This tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.rx_bytes
(gauge)
The _RxBytes tag contains a count of the number of bytes the channel has received from connected devices since the start of the application or since the last time the _Reset tag was invoked. This tag is formatted as unsigned 32-bit integer and will eventually rollover. This tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.tx_bytes
(gauge)
The _TxBytes tag contains a count of the number of bytes the channel has sent to connected devices since the start of the application or since the last time the _Reset tag was invoked. This tag is formatted as unsigned 32-bit integer and will eventually rollover. This tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.max_pending_reads
(gauge)
The _MaxPendingReads tag contains a count of the maximum number of pending read requests for the channel since the start of the application (or the _Reset tag) was invoked. This tag is formatted as an unsigned 32-bit integer. The tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.max_pending_writes
(gauge)
The _MaxPendingWrites tag contains a count of the maximum number of pending write requests for the channel since the start of the application (or the _Reset tag) was invoked. This tag is formatted as an unsigned 32-bit integer. The tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.next_read_writes
(gauge)
The _NextReadPriority is a channel-level system tag that reflects the priority level of the next read in the channel's pending read queue. Possible values are -1: No pending reads. 0:next read is a res of a schedule-level demand poll or explicit read from a client. 1 - n: next read is a result of scheduled read.
scadamods.kepserver.statistics.pending_reads
(gauge)
The _PendingReads tag contains a count of the current pending read requests for the channel. This tag is formatted as an unsigned 32-bit integer. The tag is read only.
scadamods.kepserver.statistics.pending_writes
(gauge)
The _PendingWrites tag contains a count of the current pending write requests for the channel. This tag is formatted as an unsigned 32-bit integer. This tag is read only.
scadamods.kepserver.devices.seconds_in_error
(gauge)
The _SecondsInError tag is a DWord tag that displays the number of seconds since the device entered an error state. This tag displays 0 when the device is not in an error state.

イベント

Kepserver チェックでは、Kepserver イベントログ API で提供されるすべてのイベントログが送信されます。

サービスのチェック

scadamods_kepserver.can_connect:
Agent が監視対象の Kepserver インスタンスに接続できず、メトリクスを収集できない場合は、CRITICAL が返されます。そうでない場合は OK が返されます。

トラブルシューティング

1. 不正アクセスエラー

症状: Kepserver チェックが、Kepserver インスタンスに接続できない場合、CRITICAL を報告する。

ログ: Kepserver チェックでは、次のエラーメッセージがログに記録される。 Failed to retrieve Kepserver Event Logs: 401 Client Error: Unauthorized for url: http://127.0.0.1:57412//config/v1/event_log?

推奨:

  • Kepserver インスタンスが起動していることを確認します。
  • Web ブラウザで http://127.0.0.1:57412//config/v1/event_log? URL にアクセスし、Kepserver API のエンドポイントにアクセスできることを確認します。
  • ユーザーが Kepserver API エンドポイントへのアクセス権を持っていない場合、適切なアクセス許可を持つユーザーを作成します。
  • Kepserver Administration ページに移動し、適切なアクセス許可を持つ新規ユーザーを作成します。
  • タブに移動し、‘Enable’ オプションで ‘Yes’ を選択して、Kepserver インスタンスで Configuration API Service が有効になっていることを確認します。
  • Kepserver API エンドポイントが Configuration API Services タブの ‘View in browser’ リンクと同じであることを確認します。
  • scadamods_kepserver.d/conf.yaml ファイルで、ユーザー名とパスワードが正しいことを確認します。

2. OPC-UA メトリクス収集の失敗

説明: OPC-UA メトリクスは、Kepserver のシステム診断機能から取得されます。システム診断機能はデフォルトでは無効になっており、ユーザーはプロジェクトの OPC-UA プロパティでこれを有効にする必要があります。’node_id’ は OPC-UA メトリクスが収集されるサーバーへの参照です。サーバーが稼動していない場合、’node_id’ はクライアントが見つけることに失敗します。’node_id’ のデフォルトは Kepserver インスタンスの ’ns=2’ です。これを変更する必要がある場合は、support@scadamods.com までご連絡ください。

症状: Kepserver チェックで、システム診断のための OPC-UA メトリクスが取得できない。

ログ: Kepserver チェックでは、以下のエラーメッセージがログに記録される。

OPC UA metric request failed: "The node id refers to a node that does not exist in the server address space."(BadNodeIdUnknown)

推奨:

  • Kepserver の System Diagnostics が有効になっていることを確認します。
  • Kepserver プロジェクトのプロパティページに移動し、OPC-UA タブを選択します。Log diagnostics オプションが Yes に設定されていることを確認します。

さらにサポートが必要な場合は、Datadog サポート、または support@scadamods.com にお問い合わせください。

サポート

サポートや機能のリクエストは、Scadamods にお問い合わせください。


産業用💪強度を搭載

お探しのインテグレーションが見つかりませんか?組織に役立つ重要なツールの導入をお考えですか?こちらからメッセージをお送りいただければ、導入をサポートいたします!

その他の参考資料

お役に立つドキュメント、リンクや記事:


このアプリケーションは Marketplace から入手でき、Datadog テクノロジーパートナーによってサポートされています。このアプリケーションを購入するには、こちらをクリックしてください。