Datadog-RabbitMQ Integration

概要

次の目的の為に、RabbitMQのメトリクスをDatadogに送信します:

  • RabbitMQのパフォーマンスの可視化する
  • RabbitMQのパフォーマンス情報と他のアプリケーションの情報を連携し状況を把握する

Datadog Agentの設定ファイルサンプルとメトリクス取得プログラム:

RabbitMQインテグレーションがデフォルトで取得しているメトリクス:

rabbitmq.node.disk_free
rabbitmq.node.disk_free_limit
rabbitmq.node.fd_used
rabbitmq.node.fd_total
rabbitmq.node.mem_limit
rabbitmq.node.mem_used
rabbitmq.node.run_queue
rabbitmq.node.sockets_total
rabbitmq.node.sockets_used
rabbitmq.queue.active_consumers
rabbitmq.queue.consumers
rabbitmq.queue.memory
rabbitmq.queue.messages
rabbitmq.queue.messages_ready
rabbitmq.queue.messages_unacknowledged

初期設定で、queueメトリクスは”queue”、nodeメトリクスは”node”とタグ付けされています。

設定

RabbitMQインテグレーションを利用する為には、Datadog Agent >= 3.5.0が必要です。

  1. RabbitMQには、Management Pluginが設定されている必要があります。

  2. Datadog Agentの設定ファイルを編集し、RabbitMQに接続できるように設定します。

    conf.d/rabbitmq.yaml編集します。

    init_config:
    
    instances:
        -  rabbitmq_api_url: http://localhost:15672/api/
           rabbitmq_user: username # defaults to 'guest'
           rabbitmq_pass: password # defaults to 'guest'
    
  3. Datadog Agentを再起動します。

    sudo /etc/init.d/datadog-agent restart
    
  4. infoコマンドを実行し、設定を確認します。

    sudo /etc/init.d/datadog-agent info
    

    コマンド出力に次のようなセクションが含まれていれば、設定は完了しています。

    Checks
    ======
    
      [...]
    
      rabbitmq
      --------
          - instance #0 [OK]
          - Collected 8 metrics & 0 events