OpsGenie
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

OpsGenie

Crawler Crawler

概要

@opsgenie を使用して、次の方法でアラートを作成できます。

  • イベントストリームから
  • スナップショットを取得して
  • メトリクスアラートがトリガーされたときに

セットアップ

コンフィグレーション

OpsGenie で Datadog インテグレーションを作成する

  1. OpsGenie アカウントにログインし、OpsGenie のインテグレーションページに移動します。
  2. 下に示すように、Datadog を検索して見つけ、タイルをクリックします。

  3. Integrations > APIs ページにある Datadog API キーを専用のフィールドに入力します。

  4. OpsGenie で受信者を選択し、フィルターをセットアップします。

  5. 必要に応じて、インテグレーションの名前を変更します。

  6. 構成を保存します。

  7. 後で Datadog で使用するため、キーと名前をコピーします。

  8. OpsGenie で DataDog インテグレーションをさらに追加するには、OpsGenie インテグレーションページに移動し、上の手順を繰り返します。

OpsGenie で作成したインテグレーションを Datadog でリストする

  1. Datadog の Account Integrations で OpsGenie タイルを選択します。
  2. 表示されるダイアログボックスで、Configuration タブをクリックします。
  3. Datadog インテグレーションごとに提供されたキー (OpsGenie で作成される) を「Datadog Integration Key」フィールドに貼り付け、Datadog Integration Name にインテグレーション名を入力します。

収集データ

メトリクス

Opsgenie インテグレーションには、メトリクスは含まれません。

イベント

Opsgenie インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

Opsgenie インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。

その他の参考資料

ナレッジベース

Datadog と OpsGenie を組み合わせて使用する方法

Datadog から OpsGenie アラートを作成/確認/閉じる

Edit Metric Alert で、セクション 5 の Say What’s Happening フィールドに @opsgenie-service_name または @opsgenie を入力して、OpsGenie アラートを作成します。Datadog でこのアラートがトリガーされると、OpsGenie サービスの受信者にアラートが送信されます。

OpsGenie アラートを Datadog から確認または閉じるには、Datadog で、OpsGenie イベントのコメントフィールドで @opsgenie-acknowledge または @opsgenie-close メンションを使用します。

OpsGenie によって作成された Datadog アラートを受信/確認/閉じる

OpsGenie でアラートをセットアップします。そのアラートがトリガーされると、Datadog でイベントが作成されます。OpsGenie アラートのタグと説明フィールドが Datadog に渡されます。

OpsGenie から OpsGenie アラートを確認して閉じます。これにより、Datadog で、関連付けられたイベントがアラートを閉じたユーザーの名前で更新されます。