Datadog-OpsGenie Integration

概要

OpenGineインテグレーションを使用すると、@opengenie:を使ってOpengenieへアラートを送信できます:

  • Datadogのイベントストリームへコメントを書き込む時
  • グラフのスナップショットを撮った時 (メッセージ欄)
  • メトリクスを基にした、アラートが発生した時 (通知メッセージ欄)

設定

OpsGenie側でDatadogインテグレーションを作成する

  1. OpsGenieアカウントにログインし、OpsGenie Integrations ページに移動します。
  2. 以下の図のようにDatadogのサービスインテグレーションを検索します。
  3. DatadogサイトのIntegrations > APIs pageで生成したAPI keyを入力します。
  4. OpsGenie内での受信者を選択し、フィルタを設定します。
  5. 必要に応じてのDatadog側に表示するインテグレーションの名前を変更します。
  6. 設定を保存します。
  7. 以下に赤色で表示されているOpsGenie側のAPI keyとステップ4で決めたインテグレーション名をコピーします。
  8. 更に別のDatadogインテグレーションをOpsGenie Integrationに追加する場合は、ステップ2からステップ7を繰り返します。

OpsGenie側で作成したインテグレーションをDatadog側に追加していきます

  1. Datadog側のIntegrationsページから、OpsGenieのタイルを選択します。

  2. ポップアップの中で、Configurationタブを選択します。

  3. OpsGenie側で作成したDatadogインテグレーションのAPI keyと名前を、“Datadog Integration Key” 欄と “Datadog Integration Name” 欄へ入力します。

DatadogとOpsGenieを連携して使う方法

DatadogからOpsGenieアラートを作成、承認、クローズする方法

Datadog側のMonitor設定のセクション5 Say What’s Happening の部分に @opsgenie-service_name や @opsgenie とメッセージに送信先を書き、OpsGenieへのアラートを作成していきます。Datadog側でこのアラートが動作した際に、OpsGenie側の受診者に通知が送られます。

Datadog側からOpsGenieに通知したアラートを承認やクローズするには、 DatadogのイベントストリームのOpsGenieの該当するイベントに @opsgenie-acknowledge や @opsgenie-close を付けてコメントを書き込みます。

Receive, acknowledge and close Datadog alerts created by OpsGenie

次の画像は、OpsGenie側でアラートが動作した際に表示したい内容を設定する画面です。OpsGenie側でアラートが動作すると、OpsGenie側でアラートに設定したタグと詳細が付されたイベントがDatadog側にも登録されます。

発生したOpsGenieのアラートにOpsGenie上で承認やクローズすると、Datadog上の関連イベントは、OpsGenieのアラートを処理を行った人の名前で更新されます。