概要

Microsoft Teams と統合して、以下のことができます。

  • Microsoft Teams で Datadog アラートとイベントの通知を受信
  • Microsoft Teams の中からインシデントを管理することができます。

Microsoft Teams チャンネルへのモニター通知の送信

セットアップ

Datadog を Microsoft Teams チャンネルと統合するには、以下のようにします。

  1. チャンネルのリストで、チャンネル名の横にある ... ボタンを選択し、Connectors を選択します。

    Microsoft Teams 手順 1
  2. Datadog を検索し、Configure をクリックします。

    Microsoft Teams 手順 2
  3. コネクタ構成モーダルで、Webhook URL をコピーします。

  4. Datadogで、Integrations > Microsoft Teams の順に移動します。

  5. Configuration タブで、Add Channel をクリックしてチャンネルに名前を付け、webhook URL を貼り付けます。

  6. コネクタ構成モーダルで、Save をクリックします。

使用方法

Datadog モニターから、@-notification 機能を使用して、Microsoft Teams に通知を送信します。通知を @teams-<CHANNEL> というアドレスに送信し、<CHANNEL> を Microsoft Teams のチャンネル名に置き換えます。

Microsoft Teams における Datadog Incident Management

アカウント設定

まず、Microsoft Teams に Datadog アプリをインストールします。

  1. Microsoft Teams を開きます。
  2. 垂直ツールバーの Apps をクリックします。
  3. “Datadog” を検索し、タイルをクリックします。
  4. Datadog アプリをインストールするには、Add をクリックします。
Microsoft Teams の Datadog インストールアプリタイル

次に、Microsoft のテナントを Datadog に接続します。

  1. Datadog で、Microsoft Teams Integration Tile に移動します。
  2. Add Account をクリックすると、Microsoft に移動します。
  3. 画面の指示に従って、OK をクリックします。

Datadog Incident Management の一部の機能では、テナント上でアクションを実行するための権限が必要です。たとえば、インシデント用の新しいチームを作成する場合などです。テナント全体に対する管理者の同意を得るには、Microsoft 組織を代表して同意を与える権限を持つ人物が必要です。例えば、Global Admin ロールが割り当てられたユーザーが該当します。Datadog アプリケーションにテナント全体に対する管理者の同意を付与できる人物についての詳細は、Microsoft Entra ID ドキュメントをご覧ください。

同意を付与するには

  1. Datadog で Microsoft Teams インテグレーションタイルに移動します。
  2. Authorize をクリックすると Microsoft にリダイレクトされます。この手順を実行するには、テナント全体に対する管理者同意を与えることができるユーザーが必要です。Microsoft のユーザーが Datadog のアカウントを持っている必要はありません。
  3. 画面の指示に従って、OK をクリックします。

ユーザー設定

Microsoft Teams から Datadog のアクションを実行するには、Datadog と Microsoft Team のアカウントを接続する必要があります。

Microsoft Teams からアカウントを接続するには

  1. Microsoft Teams を開きます。

  2. 垂直ツールバーの ... ボタンをクリックし、Datadog を選択すると、Datadog ボットとのチャットが開始されます。

  3. “accounts” と入力し、エンターキーを押します。

    Microsoft Teams からのアカウント接続

  4. Datadog ボットが、アカウントの接続方法について応答します。Connect Datadog Account をクリックします。

  5. その後、Datadog ボットが、アカウントを接続するためのリンクが含まれたメッセージを送信します。リンクをクリックし、プロンプトに従います。

  6. Microsoft Teams Integration Tile へと戻ります。

  7. Microsoft Teams Integration Tile のプロンプトで Create をクリックし、アプリケーションキーを作成します。

Datadog からアカウントを接続することも可能です。

  1. Datadog で、Microsoft Teams Integration Tile に移動します。
  2. 表示されたテナントの中から、Connect をクリックします。
  3. 画面の指示に従って、OK をクリックします。
  4. Microsoft Teams インテグレーションタイルから、上記のプロンプトで Create をクリックしてアプリケーションキーを作成します。
Datadog Microsoft Teams インテグレーションタイルからアカウントを接続します

使用方法

Microsoft Teams から新しいインシデントを宣言するには

  1. 任意のチームで会話を開始します。
  2. @Datadog と入力するか、... ボタンで Messaging extensions メニューを開き、Datadog アプリを選択します。
  3. Create an Incident を選択します。
  4. 希望の情報をフォームに入力します。
  5. 作成をクリックします。

Datadog へのアクセス権の有無を問わず、Microsoft Teams テナント内の誰でもインシデントを宣言できます。

新しいインシデントが作成されると、incident-( 一意の番号 ID ) という名前の対応するチームが作成されます。

インシデントを更新するには、作成と同様の手順で行います。

  1. インシデントチームにいながら、会話を始めます。
  2. @Datadog と入力するか、... ボタンで Messaging extensions メニューを開き、Datadog アプリを選択します。
  3. Update Incident を選択します。
  4. 希望の情報をフォームに入力します。
  5. Update をクリックします。

次を使用してオープン(アクティブで安定している)インシデントをリスト表示します。

@Datadog list incidents

インシデントチーム内のメッセージの右端にある “More actions” メニューを使用すると、そのメッセージをインシデントタイムラインに送信することができます。

インシデントの更新チャンネル

インシデント更新チャンネルを使用すると、関係者は Microsoft Teams から直接、すべてのインシデントのステータスを組織全体で確認することができます。これらのアップデートを投稿するチームとチャンネルをアカウントで選択すると、チャンネルは次の投稿を受け取ります。

  • 新しく宣言されたインシデント。
  • 重要度、ステータスの移行、インシデントコマンダーへの変更点。
  • アプリ内のインシデントの概要ページへのリンク。
  • インシデント専門チームへの参加リンク。

Microsoft Teams アプリがインストールされたら、Incident Settings ページに移動できます。ここから、Incident Updates Channel セクションまでスクロールダウンし、セットアップフローを開始することができます。

インシデントチャンネルの設定方法

  1. Incidents Settings に移動します。
  2. Microsoft Teams インテグレーションの Incident Updates Channel セクションを探します。
  3. インシデントアップデートのために、正しいテナント、チーム、チャンネルを選択します。
Microsoft Teams インシデントアップデートチャンネル設定。

収集データ

メトリクス

Microsoft Teams インテグレーションは、メトリクスを提供しません。

イベント

Microsoft Teams インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスチェック

Microsoft Teams インテグレーションには、サービスのチェック機能は含まれません。

ヘルプ

Datadog for Microsoft Teams には、以下の権限が必要です。詳細については、Microsoft Graph 権限リファレンスを参照してください。

API / 権限名タイプリクエスト理由
ChannelSettings.ReadWrite.AllApplicationDatadog Incident Management を使用して、インシデントを修復するためのチャンネルを作成および変更します。
GroupMember.Read.AllApplicationDatadog Incident Management の構成に、チーム名とチャンネル名のオートコンプリート候補を提供します。
Team.CreateApplicationDatadog Incident Management を使用して、インシデントを管理および修復するチームを作成します。
TeamMember.ReadWrite.AllApplicationDatadog Incident Management でインシデントを管理するユーザーを Teams に追加します。
TeamsAppInstallation.ReadWrite.AllApplicationDatadog Incident Management によって作成されたチームに Datadog アプリを追加します。
TeamSettings.ReadWrite.AllApplicationDatadog Incident Management が、インシデントチームの状態を最新の状態に保つようにします。

ヘルプ

SSO の使用

次の手順を使用して、新しいチャンネルコネクターを設定します。

  1. Datadog にログインし、セットアップ手順 1 および 2 を完了します。

  2. セットアップ手順 3 で MS Teams ページから Datadog にリダイレクトされたら、新しいタブを開き、SSO で Datadog にログインします。次に、セットアップ手順 4 を個別に実行します。

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。