Komodor Automation

Supported OS Linux Mac OS Windows

概要

Komodor は、K8s スタック全体の変更を追跡し、その波及効果を分析し、効率的かつ独立したトラブルシューティングに必要なコンテキストを提供します。Komodor は、Kubernetes のデプロイメントを、何が変更され、どのコードがプッシュされ、誰がプッシュしたかといった関連情報とともに、タイムライン上で把握することが可能です。また、Git、構成マップ、インフラストラクチャー、アラート、Datadog などの他のツールからのデータを一元化して分かりやすく表示することができます。

このインテグレーションを使用すると、必要なダッシュボードに直接アクセスできる動的なデプロイメントリンクを使用して、Datadog メトリクスにリンクすることができます。これにより、Datadog で検出された最も関連性の高いコンテキスト、接続、サービスの依存関係に基づいて、マイクロサービスのトラブルシューティングを行うことができます。

セットアップ

  1. Komodor プラットフォームにログインします。

  2. Helm チャートまたは Kustomize を使用して、各 Kubernetes クラスターに Komodor ポッドベース Agent をインストールします。詳しくは Komodor のドキュメントを参照して、Agent をインストールしてください。

  3. Agent のインストールが完了したら、以下の手順で Datadog インテグレーションを設定します。

    • Komodor プラットフォームインテグレーションのインストール - この最初のインテグレーションステップでは、Komodor が API キーと Token キーを介して Datadog アカウントにアクセスし、Datadog で検出されたサービスの依存関係に基づいて関連サービスを提案することができるようにします。
    • Datadog Webhook インテグレーションのインストールし - これにより、Komodor は Datadog モニターからアラートを受信することができます。Komodor サービスビューですべてのアラートを確認することができます。
    • Datadog モニター通知の構成 - Datadog モニター通知に Komodor ダイナミックリンクを追加すると、Komodor の関連サービスへの直接リンクが生成されます。Datadog に接続されているアラートプロバイダーのアラートリンクを参照してください。
  4. Kubernetes アノテーションを使用して、Datadog APM ダッシュボードへの関連リンクや、Datadog 内の特定のサービスメトリクスや時間範囲への動的リンクで Komodor サービスやデプロイ画面をリッチ化することができます。

サポート

詳しくは、Web サイトをご覧いただくか、またはお問い合わせください。