JBoss/WildFly
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

JBoss/WildFly

Agent Check Agentチェック

Supported OS: Linux Mac OS Windows

概要

このチェックは JBoss および WildFly アプリケーションを監視します。

セットアップ

インストール

JBoss/WildFly チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。JBoss/WildFly ホストに追加でインストールする必要はありません。

コンフィギュレーション

このチェックでは、インスタンスあたりのメトリクス数が 350 に制限されています。返されたメトリクスの数は、情報ページに表示されます。以下で説明するコンフィギュレーションを編集することで、関心があるメトリクスを指定できます。収集するメトリクスをカスタマイズする方法については、JMX チェックのドキュメントで詳細な手順を参照してください。制限以上のメトリクスを監視する必要がある場合は、Datadog のサポートチームまでお問い合わせください。

ホスト

ホストで実行中の Agent でこのチェックを構成する場合は、以下の手順に従ってください。コンテナ環境の場合は、コンテナ化セクションを参照してください。

メトリクスの収集
  1. JBoss または WildFly アプリケーションサーバーのパフォーマンスデータを収集するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの jboss_wildfly.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、jboss_wildfly.d/conf.yaml のサンプル を参照してください。

サーバーのセットアップによっては(特に remote+http JMX スキームを使用している場合は)、サーバーに接続するためにカスタムな JAR を指定する必要がでてきます。Agent と同じマシンに JAR を配置し、jboss_wildfly.d/conf.yaml ファイルのcustom_jar_paths オプションにパスを追加します。

**注**: JMX URL スキームは WildFly のバージョンにより異なります。
  • Wildfly 9 以降: service:jmx:http-remoting-jmx://<ホスト>:<ポート>
  • Wildfly 10 以降: service:jmx:remote+http://<ホスト>:<ポート>

    詳細については、WildFly JMX サブシステム構成ページを参照してください。

  1. Agent を再起動します
ログの収集

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

  1. Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。以下のように、datadog.yaml ファイルでこれを有効にします。

    logs_enabled: true
  2. 次に、下部にある logs 行のコメントを解除して、jboss_wildfly.d/conf.yaml を編集します。ログの path を JBoss ログファイルの正しいパスで更新してください。

    logs:
     - type: file
       path: /opt/jboss/wildfly/standalone/log/*.log
       source: jboss_wildfly
       service: '<APPLICATION_NAME>'
  3. Agent を再起動します

コンテナ化

メトリクスの収集

コンテナ環境の場合は、JMX を使用したオートディスカバリーのガイドを参照してください。

ログの収集

Agent バージョン 6.0 以降で利用可能

Datadog Agent で、ログの収集はデフォルトで無効になっています。有効にする方法については、Kubernetes ログ収集のドキュメントを参照してください。

パラメーター
<LOG_CONFIG>{"source": "jboss_wildfly", "service": "<サービス名>"}

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで jboss_wildfly を探します。

収集データ

メトリクス

jboss.jdbc_connections.count
(gauge)
number of open connections
Shown as connection
jboss.jdbc_connections.request_wait
(gauge)
number of requests that had to wait to obtain a physical connection
Shown as connection
jboss.jdbc_connections.idle
(gauge)
number of physical connections currently idle
Shown as connection
jboss.jdbc_connections.active
(gauge)
number of active connections
Shown as connection
jboss.jdbc_xacommit.count
(gauge)
number of XAResource commit invocations
Shown as commit
jboss.jdbc_xarollback.count
(gauge)
number of XAResource rollback invocations
Shown as transaction
jboss.jdbc_xarecover.count
(gauge)
number of XAResource recover invocations
Shown as transaction
jboss.jdbc_preparedstatementcache.size
(gauge)
number of prepared and callable statements currently cached in the statement cache
jboss.jdbc_preparedstatementcache.miss
(gauge)
number of times that a statement request could not be satisfied with a statement from the cache
Shown as miss
jboss.jdbc_preparedstatementcache.hit
(gauge)
number of times that statements from the cache were used
Shown as hit
jboss.transactions.aborted
(gauge)
total number of transactions which have rolled back.
Shown as transaction
jboss.transactions.application_rollbacks
(gauge)
number of transactions rolled back by the application.
Shown as transaction
jboss.transactions.committed
(gauge)
number of committed transactions.
Shown as transaction
jboss.transactions.heuristics
(gauge)
number of transactions which have terminated with heuristic outcomes
Shown as transaction
jboss.transactions.inflight
(gauge)
total number of inflight (active) transactions.
Shown as transaction
jboss.transactions.nested
(gauge)
number of nested (sub) transactions created so far.
Shown as transaction
jboss.transactions.resource_rollbacks
(gauge)
number of transactions rolled back by participants.
Shown as transaction
jboss.transactions.system_rollbacks
(gauge)
number of transactions that were rolled back due to an internal system error.
Shown as transaction
jboss.transactions.timed_out
(gauge)
total number of transactions rolled back due to timeout.
Shown as transaction
jboss.transactions.count
(gauge)
number of transactions (top-level and nested) created so far.
Shown as transaction
jboss.undertow_listener.error_count
(gauge)
number of 500 responses that have been sent
Shown as request
jboss.undertow_listener.processing_time
(gauge)
total processing time of all requests handed by this listener
Shown as nanosecond
jboss.undertow_listener.request_count
(gauge)
number of requests served
Shown as request
jboss.undertow_listener.bytes_sent
(gauge)
number of bytes that have been sent out
Shown as byte
jboss.undertow_listener.bytes_received
(gauge)
number of bytes that have been received
Shown as byte
jboss.undertow_session.active
(gauge)
number of active sessions
Shown as session
jboss.undertow_session.rejected
(gauge)
number of rejected sessions
Shown as session
jboss.undertow_session.created
(gauge)
total sessions created
Shown as session
jboss.undertow_session.expired
(gauge)
number of sessions that have expired
Shown as session
jboss.undertow_session.alivetime_avg
(gauge)
average time (in seconds) that expired sessions had been alive
Shown as second
jboss.undertow_session.alivetime_max
(gauge)
longest time (in seconds) that an expired session had been alive
Shown as second

イベント

JBoss/WildFly インテグレーションには、イベントは含まれません。

サービスのチェック

jboss.can_connect:
Agent が監視対象の JBoss/WildFly インスタンスに接続できず、メトリクスを収集できない場合は、CRITICAL が返されます。そうでない場合は OK が返されます。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。