IBM i

Supported OS Linux

Integrationv1.4.1

概要

このチェックは、Datadog Agent を通して IBM i をリモートで監視します。

セットアップ

ホストで実行されている Agent 用にこのチェックをインストールおよび構成する場合は、以下の手順に従ってください。コンテナ環境の場合は、オートディスカバリーのインテグレーションテンプレートのガイドを参照してこの手順を行ってください。

インストール

IBM i チェックは Datadog Agent パッケージに含まれています。 サーバーに追加でインストールする必要はありません。

ODBC ドライバー

IBM i チェックでは、IBM i ODBC ドライバーを使用して、IBM i ホストにリモートで接続します。

IBM i Access - Client Solutions のページから、ドライバーをダウンロードします。Downloads for IBM i Access Client Solutions をクリックし、ログインしてダウンロードページにアクセスしてください。

Linux ホスト用の ACS Linux App Pkg など、お使いのプラットフォーム用の ACS App Pkg パッケージを選択します。パッケージをダウンロードし、インストール手順に従って、ドライバーをインストールします。

コンフィギュレーション

IBM i チェックは、Datadog Agent を実行しているホストから IBM i システムにリモートでクエリを実行します。IBM i システムと通信するには、Datadog Agent を実行しているホストで IBM i ODBC ドライバーをセットアップする必要があります。

ODBC ドライバー

ODBC ドライバーがインストールされたら、ODBC のコンフィギュレーションファイルである odbc.iniodbcinst.ini を探します。場所は、お使いのシステムによって異なるかもしれません。Linux では、/etc ディレクトリか、/etc/unixODBC ディレクトリにあります。

これらのコンフィギュレーションファイルを、Linux ホスト上の /opt/datadog-agent/embedded/etc/ などの組み込み Agent 環境にコピーします。

odbcinst.ini ファイルは、Agent が利用できる ODBC ドライバーを定義します。各セクションは 1 つのドライバーを定義します。例えば、次のセクションは IBM i Access ODBC Driver 64-bit という名前のドライバーを定義しています。

[IBM i Access ODBC Driver 64-bit]
Description=IBM i Access for Linux 64-bit ODBC Driver
Driver=/opt/ibm/iaccess/lib64/libcwbodbc.so
Setup=/opt/ibm/iaccess/lib64/libcwbodbcs.so
Threading=0
DontDLClose=1
UsageCount=1

IBM i ODBC ドライバーの名前は、IBM i のチェックを構成するために必要です。

IBM i チェック

  1. IBM i のパフォーマンスデータを収集するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの ibm_i.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションについては、サンプル ibm_i.d/conf.yaml を参照してください。 obdcinst.ini ファイルにあるドライバー名を使用します。

  2. Agent を再起動します

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションの ibm_i を探します。

収集データ

メトリクス

ibm_i.asp.unit_storage_capacity
(gauge)
The storage capacity of the unit
Shown as byte
ibm_i.asp.unit_space_available
(gauge)
The space on the unit available for use
Shown as byte
ibm_i.asp.percent_used
(gauge)
The percentage consumed from the disk unit
Shown as percent
ibm_i.asp.percent_busy
(gauge)
The percentage of time the disk unit is in use
Shown as percent
ibm_i.asp.io_requests_per_s
(gauge)
The average number of I/O requests for read and write operations that occurred per second
Shown as unit
ibm_i.system.cpu_usage
(gauge)
The average CPU utilization for all the active processors.
Shown as percent
ibm_i.system.configured_cpus
(gauge)
The total number of configured CPUs for the partition.
Shown as unit
ibm_i.system.current_cpu_capacity
(gauge)
The processor units that are being used in the partition.
ibm_i.system.shared_cpu_usage
(gauge)
The percentage of the total shared processor pool capacity used by all partitions using the pool.
Shown as percent
ibm_i.system.normalized_cpu_usage
(gauge)
The normalized percentage of CPU utilization for processing units in use.
Shown as percent
ibm_i.job.status
(gauge)
Whether a job is currently active or not.
ibm_i.job.jobq_duration
(gauge)
The amount of time a job has been in the JOBQ status
Shown as second
ibm_i.job.active_duration
(gauge)
The amount of time a job has been active
Shown as second
ibm_i.job.cpu_usage
(gauge)
The CPU usage by a job
ibm_i.job.temp_storage
(gauge)
The amount of temporary storage that is currently allocated to a job
Shown as mebibyte
ibm_i.pool.size
(gauge)
The amount of main storage in a pool
Shown as mebibyte
ibm_i.pool.reserved_size
(gauge)
The amount of storage in a pool reserved for system use
Shown as mebibyte
ibm_i.pool.defined_size
(gauge)
The size of a pool as defined in the shared pool, subsystem description, or system value QMCHPOOL
Shown as mebibyte
ibm_i.subsystem.active
(gauge)
Whether a subsystem is currently active
ibm_i.subsystem.active_jobs
(gauge)
The number of jobs currently active in a subsystem
Shown as unit
ibm_i.job_queue.size
(gauge)
The number of jobs in a job queue
Shown as unit
ibm_i.job_queue.released_size
(gauge)
The number of jobs in *RELEASED status in a job queue
Shown as unit
ibm_i.job_queue.scheduled_size
(gauge)
The number of jobs in *SCHEDULED status in a job queue
Shown as unit
ibm_i.job_queue.held_size
(gauge)
The number of jobs in *HELD status in a job queue
Shown as unit
ibm_i.message_queue.size
(gauge)
The number of messages in a system message queue
Shown as unit
ibm_i.message_queue.critical_size
(gauge)
The number of critical messages in a system message queue
Shown as unit

イベント

IBM i チェックには、イベントは含まれません。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。