GitHub
セキュリティモニタリングが使用可能です セキュリティモニタリングが使用可能です

GitHub

概要

Datadog で GitHub コミットをキャプチャして、以下のことができます。

  • コード変更の新しい機能を追跡できます。
  • 新しいコード変更がシステムアラートやビルドの失敗につながったことを検知できます。
  • Datadog イベントストリームで、コードの変更についてチームで議論できます。

セットアップ

インストール

GitHub

  1. GitHub プロジェクトの Settings ページに移動します。
  2. 左側のナビゲーションメニューで Webhooks エントリを選択します。
  3. Add Webhook ボタンをクリックします。

  4. 以下の URL を Payload URL フィールドに追加します。<DATADOG_API_キー> は、ご使用の Datadog API キーに置き換えてください。

    https://app.datadoghq.com/intake/webhook/github?api_key=<DATADOG_API_KEY>
  5. Content Type を application/json に設定します。

  6. Which events would you like to trigger this webhook? では、Let me select individual events. オプションを使用して、Datadog に何を送信するかを選択できます。Datadog-GitHub インテグレーションでは以下がサポートされています。

    • プッシュ (新しいコミット)
    • 作成と削除 (タグ用)
    • プルリクエスト
    • 問題
    • 問題のコメント
    • コミットのコメント
    • プルリクエストレビューのコメント
    • インストール
    • メンバーシップ
    • 公開
    • セキュリティ勧告
    • チーム追加

Datadog

  1. Datadog GitHub インテグレーションをインストールします。
  2. リポジトリごとに、監視するブランチを追加します。ユーザーまたはオーガニゼーションのすべてのリポジトリを追加する場合は、ワイルドカードを使用します。 たとえば、DataDog/Documentation リポジトリの master ブランチに関連するすべてのイベントを収集する場合は、以下のように設定します。

    DataDog オーガニゼーションのすべての master ブランチに関連するすべてのイベントを収集する場合は、次のように設定します。

収集データ

インテグレーションが完了すると、選択したイベントが Datadog イベントストリームに表示されるようになります。ダッシュボードの左上の検索バーに sources:github と入力すると、GitHub のイベントがダッシュボードのグラフに重ねて表示されます。

トラブルシューティング

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。