Directory check

概要

特定ディレクトリ内のファイルに関するメトリクスをDatadogへ送信します:

  • ディレクトリ内のファイル数
  • ファイルサイズ
  • ファイルの修正からの時間
  • ファイルの作成からの時間

Datadog Agentの設定ファイルサンプルとメトリクス取得プログラム:

設定

ディレクトリ関連のメトリクスを取得するには、Datadog Agentのインストールが必要です。

  • Directory check インテグレーションは、Windows systemsには対応しておりません
  • Datadog Angetが、監視の対象となっているディレクトリやファイルに対して読み込み権限があることを確認してください。
  • /etc/dd-agent/conf.d/directory.yamlを編集し、Datadog Agentが監視対象ディレクトリにアクセスできるように設定します。

    init_config:

    instances: # For each instance, the ‘directory’ parameter is required, all others are optional. # # Instances take the following parameters: # “directory” - string, the directory to monitor. Required. # “name” - string, tag metrics with specified name. defaults to the “directory” # “pattern” - string, the fnmatch pattern to use when reading the “directory”’s files. # default “*” # “recursive” - boolean, when true the stats will recurse into directories. default False

      -  directory: "/path/to/directory"
         name: "tag_name"
         pattern: "*.log"
         recursive: True
    
  • Datadog Agentを再起動します。

    sudo /etc/init.d/datadog-agent restart

  • info コマンド実行し、状況を確認します。

    sudo /etc/init.d/datadog-agent info

    先のコマンドの出力結果のdirectoryのセクションは、以下のような内容になります:

    Checks ======

    […]

    directory


      - instance #0 [OK]
      - Collected 8 metrics & 0 events