Supported OS Linux Windows

概要

このチェックは、Containerd コンテナランタイムを監視します。

計画と使用

インフラストラクチャーリスト

Containerd は Datadog Agent の中核となるチェックです。Containerd は、datadog.yamlcontainerd.d/conf.yaml の両方で構成する必要があります。

datadog.yaml では、Agent が Containerd に問い合わせるために使用する cri_socket_path を構成します。containerd.d/conf.yaml では、イベントのチェックインスタンス設定 (filters など) を構成します。

コンテナへのインストール

コンテナで Agent を使用している場合は、DD_CRI_SOCKET_PATH 環境変数を Containerd ソケットに設定すると、デフォルト構成の Containerd インテグレーションが自動的に有効になります。

たとえば、Kubernetes でインテグレーションをインストールするには、DaemonSet を編集して、Containerd ソケットをホストノードから Agent コンテナにマウントし、DD_CRI_SOCKET_PATH 環境変数を DaemonSet のマウントパスに設定します。

Linux コンテナ
apiVersion: extensions/v1beta1
kind: DaemonSet
metadata:
  name: datadog-agent
spec:
  template:
    spec:
      containers:
        - name: datadog-agent
          # ...
          env:
            - name: DD_CRI_ソケットパス
              value: /var/run/containerd/containerd.sock
          volumeMounts:
            - name: containerdsocket
              mountPath: /var/run/containerd/containerd.sock
            - mountPath: /host/var/run
              name: var-run
              readOnly: true
          volumes:
            - hostPath:
                path: /var/run/containerd/containerd.sock
              name: containerdsocket
            - hostPath:
                path: /var/run
              name: var-run

注: 問題なくインテグレーションを実行するには、ホストから /var/run ディレクトリをマウントする必要があります。

Windows コンテナ
apiVersion: extensions/v1beta1
kind: DaemonSet
metadata:
  name: datadog-agent
spec:
  template:
    spec:
      containers:
        - name: datadog-agent
          # ...
          env:
            - name: DD_CRI_SOCKET_PATH
              value: \\\\.\\pipe\\containerd-containerd
          volumes:
            - hostPath:
                path: \\\\.\\pipe\\containerd-containerd
              name: containerdsocket
          volumeMounts:
            - name: containerdsocket
              mountPath: \\\\.\\pipe\\containerd-containerd

ブラウザトラブルシューティング

  1. Containerd のパフォーマンスデータの収集を開始するには、Agent のコンフィギュレーションディレクトリのルートにある conf.d/ フォルダーの containerd.d/conf.yaml ファイルを編集します。使用可能なすべてのコンフィギュレーションオプションの詳細については、サンプル containerd.d/conf.yaml を参照してください。

  2. Agent を再起動します

検証

Agent の status サブコマンドを実行し、Checks セクションで containerd を探します。

リアルユーザーモニタリング

データセキュリティ

containerd.mem.current.usage
(gauge)
The memory usage (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.current.failcnt
(gauge)
The usage failcnt (Linux only)
containerd.mem.current.limit
(gauge)
The memory limit (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.kernel_tcp.usage
(gauge)
The kerneltcp usage (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.kernel_tcp.failcnt
(gauge)
The kerneltcp failcnt (Linux only)
containerd.mem.kernel_tcp.limit
(gauge)
The kerneltcp limit (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.kernel_tcp.max
(gauge)
The kerneltcp maximum usage (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.kernel.usage
(gauge)
The kernel usage (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.swap.usage
(gauge)
The swap usage (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.cache
(gauge)
The cache amount used (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.rss
(gauge)
The rss amount used (Linux only)
Shown as byte
containerd.mem.commit
(gauge)
The committed memory (Windows only)
Shown as byte
containerd.mem.commit_peak
(gauge)
The peak committed memory (Windows only)
Shown as byte
containerd.mem.working_set
(gauge)
The container working set usage
Shown as byte
containerd.cpu.throttled.periods
(gauge)
The total CPU throttled time (Linux only)
Shown as nanosecond
containerd.cpu.system
(gauge)
The total CPU time
Shown as nanosecond
containerd.cpu.total
(gauge)
The total CPU time
Shown as nanosecond
containerd.cpu.user
(gauge)
The total user CPU time
Shown as nanosecond
containerd.storage.read
(rate)
Read bytes (Windows only)
Shown as byte
containerd.storage.write
(rate)
Write bytes (Windows only)
Shown as byte
containerd.image.size
(gauge)
The size of the container image
Shown as byte
containerd.image.pull
(count)
The number of image pull requests
Shown as byte
containerd.proc.open_fds
(gauge)
The number of open file descriptors
Shown as file
containerd.uptime
(gauge)
Time since the container was started
Shown as second

このインテグレーションは Linux と Windows で動作しますが、一部のメトリクスは OS に依存します。OS に依存するメトリクスの一覧は metadata.csv をご覧ください。

ヘルプ

Containerd チェックは、イベントを収集できます。filters を使用して関連イベントを選択します。詳細については、サンプル containerd.d/conf.yaml を参照してください。

ヘルプ

containerd.health
Returns CRITICAL if the Agent check is unable to connect to the monitored containerd socket. Returns OK otherwise.
Statuses: ok, critical

ヘルプ

ご不明な点は、Datadog のサポートチームまでお問合せください。